【 原口元気 】 フル出場で及第点のパフォーマンス。問題は最後のところでのクオリティ。 【 ヘルタ vs ブレーメン 】
試合 :ブンデスリーガ 第2節
開催日:2015年8月21日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ストッカー ウジャ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ヘルタ 】

FW ヘゲラー カルー
MF ストッカー シェルブレット ダリダ 原口元気
DF プラッテンハルト ルステンベルガー ラングカンプ ペカリク
GK クラフト

原口を右SHとして起用した「4-4-2」でスタートしたヘルタが、前半6分にCKの流れから最後はストッカーがシュートを決めて先制点。その後も、どちらかと言えばヘルタの攻撃回数の方が多く、原口もキレのあるドリブル突破を見せていた。しかし、攻撃の最後のところの質、迫力や精度を欠いて追加点を奪えないでいると、前半26分、ケルンから移籍してきたブレーメンのFWウジャにクロスから押し込まれて、ヘルタは同点に追い付かれてしまう。という事で、前半はスコア「1-1」の同点で終了。

FW カルー
MF 原口元気 ヘゲラー ストッカー
MF シェルブレット ダリダ
DF プラッテンハルト ルステンベルガー ラングカンプ ペカリク
GK クラフト

後半、ヘルタは原口とストッカーのポジションの左右を入れ替え、へゲラーを少し下り目にした「4-2-3-1」のような形へと変えて、更には、そこから、右SHのストッカーがCFの位置へと入る、右SBのペカリクが高い位置でプレイする、という「3-4-1-2」になるような変則的な戦い方をしていた。また、ダブルボランチの1枚であるダリダも、前半よりは少し上がり目のポジショニングをするようになっていた。つまり、ヘルタは攻撃的な戦い方をして仕掛けたわけだが、しかし2点目は奪えず。

FW ストッカー カルー
MF 原口元気 シェルブレット ダリダ ワイザー
DF プラッテンハルト ルステンベルガー ラングカンプ ペカリク
GK クラフト

むしろ、攻撃力は上がらずに守備力が下がってしまった、という感じがあって、後半30分、ヘルタはヘゲラーに代えてワイザーを入れ、再び上記のような配置の「4-4-2」へと戻し、そこからは逆に守備的な戦い方へと舵を切ったような感じだった。SHの原口、それから、SHだった時のストッカーは割と良い感じだったが、へゲラーとカルーもそうだったし、この試合ではその他に3人、合計5人がFWとしてプレイしたわけだが、どの選手のパフォーマンスもイマイチで、ヘルタはFWが戦力不足かなと。

FW ブルックス バウムヨハン
MF 原口元気 シェルブレット ダリダ ワイザー
DF プラッテンハルト ルステンベルガー ラングカンプ ペカリク
GK クラフト

という事で、ヘルタは、後半37分にはFWのカルーに代えてFWのバウムヨハン、そして、後半44分にはFWになっていたのストッカーに代えてFWのブルックスを入れ、最後はパワープレイのような攻撃もしたが2点目は遠く、試合はそのままスコア「1-1」の引き分けという結果に終わった。原口、ストッカー、プラッテンハルト、ペカリク、という選手たちをサイドに揃えて、サイド攻撃というのは威力を持てそうだったが、そこから最後、中央で決める選手にパフォーマンスの高い選手が欲しいところ。

原口については、右SHの時にはキレのある縦へのドリブル突破、左SHの時には良いパスなどを見せていたし、守備も体を張って献身的に頑張っていたから、及第点と言えるパフォーマンスだったと思う。但し問題は、やはり最後のところでのクオリティで、クロスの精度であったり、周囲との連携力であったり、それから、この試合ではシュートは無かったが、シュートの精度というのもイマイチなので、武藤などもそうだが、原口もそこのクオリティを高めないと、もう1つ上の活躍というのはできないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/27 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川と本田を「2」のポジションで起用した「4-1-2-3」が良いような気がする。W杯アジア予選のカンボジア戦とアフガニスタン戦に挑むメンバーについて。 | ホーム | 【 本田圭佑 】 退場者が出たせいで前半39分に交代。やはりまずは守備をきちんとしないと今季のミランも低迷してしまうと思う。 【 フィオレンティーナ vs ミラン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3253-aac42510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |