【 香川真司 】 【 原口元気 】 1アシストなど3得点に絡む大活躍の香川。1トップとして難しかった原口。 【 ドルトムント vs ヘルタ 】
試合 :ブンデスリーガ 第3節
開催日:2015年8月30日
結果 :ドルトムント勝利
スコア:「3-1」
得点者:フンメルス オーバメヤン カルー ラモス

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW オーバメヤン
MF ムヒタルヤン 香川真司 ギュンドアン ロイス
MF ヴァイグル
DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター
GK ブルキ

FW ラモス
MF ムヒタルヤン 香川真司 ギンター ホフマン
MF ヴァイグル
DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ピシュチェク
GK ブルキ


9人でブロックを作って守る相手に攻めあぐね、前半15分には一発の縦パスから原口に抜け出されて決定的なピンチを作るなど、最初は嫌な感じだった。しかし、前半27分、ショートコーナー、香川の左足でのクロス、それをフンメルスがヘディングで決めて先制点を奪えた事により、そこからは比較的に楽に戦う事ができるようになった。そして、後半6分、香川がドリブルで左から中央へとボールを運びながら、PA内大外のギンターへとパス、そのギンターからの折り返しをオーバメヤンが決めて2点目。更には、後半33分には1点を返されてしまうが、試合終了間際の後半48分、リスタートからホフマンが右サイドを突破し、PA内で、ホフマン→香川→ムヒタルヤン→ラモス、とボールを繋げて3点目。香川が1アシストなど3得点に絡む活躍を見せたドルトムントがスコア「3-1」での勝利を収めた。

チームについては、この試合のスタメンが今のベストメンバーであり、とにかく攻撃は好調であるが、不安要素としては、やはりまだ守備は・・、という事と、それから、香川とギュンドアンの代わりはいるのか、特に香川の代わりというのはいないのではないか、という部分で、オーバメヤン、ロイス、ヴァイグル、フンメルス、という選手たちもそうだが、どれだけ上手くターンオーバーさせられるのか、という事が、大きなポイントになってくると思う。そして、香川については、もはや完全復活したと言っても構わないと思うが、その要因というのは、余計な筋肉を落として動きのキレやボールコントロールの柔らかさを取り戻した、という事が一番だが、やはりトップ下とサイドボランチを兼ねるような役割でプレイするようになった、という事も大きいと感じる。従って、代表でも同じ使い方をしてもらいたい。


【 ヘルタ 】

FW 原口元気
MF ファン・デン・ベルフ ダリダ シェルブレット ストッカー
DF プラッテンハルト ブルックス ルステンベルガー ラングカンプ ペカリク
GK クラフト

FW バウムヨハン カルー
MF ワイザー ダリダ ルステンベルガー 原口元気
DF プラッテンハルト ブルックス ラングカンプ ペカリク
GK クラフト


原口を1トップとして起用した「5-4-1」という守備的な戦い方だったが、勝負の明暗を分けたのは、前半15分の決定的なチャンスで原口が決められなかった事と、前半27分にセットプレイから先制点を奪われてしまった事と、その2つだったと思う。原口をSHではなく1トップとして起用した理由というのは、前節のブレーメン戦の記事で、へゲラー、カルー、ストッカー、バウムヨハン、ブルックス、という5人の選手をFWとしてプレイさせたが、どの選手のパフォーマンスもFWとしてはイマイチだった、という事を書いたが、それが理由の1つだったのではないだろうか。ただ、それでも、走力というのはストッカーにもあるし、決定力や守備力を考えた場合には、原口とストッカーのポジションは逆であった方が良かったと思う。特にカウンター狙いで決定力の低い選手を1トップに使うのは厳しい。

原口のパフォーマンスについては、前節のブレーメン戦の記事でも書いたように、現在の一番の問題は最後のところでのクオリティで、シュートの精度(決定力)であったり、クロスの精度であったり、周囲との連携力であったり、やはりそこのクオリティを高めないと、という事が然りであると思う。1トップとしてどうだったのか、という事については、当然、やり慣れていない、という事はあって、やり続けていればもう少し良いプレイができるだろう、という事もあったし、それから、原口を1トップで使うのであれば、裏へ放り込むようなパスよりも足元へパスを入れて、そこからドリブルで勝負させる、という狙いの攻撃をした方が良かったのではないか、という事もあって、評価としては微妙なところ。守備への貢献度が高ければ出場機会は多く与えられると思うので、そこから岡崎のように成長して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/31 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 本田はミランから移籍した方が良いと思う。 【 ミラン vs エンポリ 】 | ホーム | 【 武藤嘉紀 】【 酒井宏樹 】 2得点。高い成長力を見せる武藤嘉紀。その反対の酒井宏樹。 【 マインツ vs ハノーファー 】>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/09/01 09:58】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3257-6671e76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |