カンボジア戦 【 安堵の勝利。しかし根本的な問題というのは解決されていない。 】
試合 :W杯アジア2次予選
開催日:2015年9月3日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:本田圭佑 吉田麻也 香川真司

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  武藤嘉紀    香川真司    本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

相手は5バックだったが、それでもサイドにはスペースが空くので、まずはサイドを起点にする。そしてそこから、左サイドから右サイドへ、右サイドから左サイドへ、とボールを動かし、縦に仕掛けられるタイミングを探す。もちろん、これはできていたのだが、やはりそのスピード感、あるいは、そのスムーズ感、というのが、まだ日本代表は低い。ピッチ状態が良くなかったとは言え、ボール受けてパスを出す、という一連の動作がまだまだ遅いし、判断のスピードもパスのボールスピードも遅い。日本のポゼッションサッカーやパスサッカーが強豪国に通用しない理由の1つはこれで、つまり技術力もまだ足りていない。

もう1つ足りていないのは、やはりドリブルの力。左右の揺さぶりで、どちらかのサイドにスペースや数的同数を作ったら、そこではドリブルで仕掛けて局面を打開する。あるいは、守備を広げる事で相手の中央が薄くなったら、そこに対してドリブルで突っかける。サイドで仕掛けてCKを取る、という事まではできていたが、サイドでも中央でも、ドリブルで局面を打開する、という事まではやはりまだできていない。現在の日本のトップクラスのドリブラーである宇佐美でも、まだシンガポールやカンボジアぐらいの相手にそれができていないのだから、それぐらい日本の選手のドリブル力というのはまだ低い、という事。

そして、長中距離からのシュートの力、という事については、先制点の本田のシュートにしても、かなりコースというのは甘くて、シンガポールのGKだったら防いでいた可能性が高いのではないだろうか。それから、山口のミドルシュートは散々な精度であったし、武藤と長友のサイドから中へと切り込んでのミドルシュートも枠外で威力も低く、長谷部はスムーズにミドルシュートを撃つ態勢やタイミングが作れていない。ただ、この試合の日本の2点目となった吉田のミドルシュートというのは良かった。やはり、マイナスのパスからやセカンドボールからのミドルシュートの力というのは、もっと身に付けてもらいたい。

FW       武藤嘉紀  岡崎慎司
MF  香川真司            本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

途中から日本は上記のような「4-4-2」へと布陣を変更したが、これによって右だけではなく左でも起点が作れるようになり、1つハリルホジッチの修正力や柔軟性というのが発揮されたと思う。ハリルホジッチの描くサッカーというのは、基本的にはサイドには縦への推進力のあるタイプを置くサッカーだと思うのだが、状況や戦力によっては、それだけに固執しない、という考え方もできるのではないだろうか。おそらくは、ポゼッション型のサッカーは得意としていない、それから、CFに対する考え方というのは、個人的には違うと思うし少し古いと思っているのだが、それでも修正力や柔軟性はある監督だと思う。

FW      宇佐美貴史  興梠慎三
MF  香川真司            原口元気
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

そして、交代で投入されたのは宇佐美と興梠と原口だったが、宇佐美はやはりパフォーマンスが落ちているし、興梠はほとんど消えていたし、原口のフィット感というのも低く、やはりもっと早く3点ぐらい奪って、彼らのプレイ時間を長くしたかったところ。そういう意味で言うと、香川や岡崎や武藤が決定力を欠いた、という事もそうであるし、この記事で書いたようなタイムアタック的なノルマを達成できなかった、あるいは、そうしようとしなかった、という事は将来的なマイナス要素になると思う。日本代表がトライしなければならない事は数多くあって、それを実戦の中で消化できないと、時間というのは足りない。

今の日本のサッカーというのは、何ができて何ができないのか、強豪国に勝つためには、W杯で良い成績を出すためには、何が不足しているのか、という事についてはかなりハッキリしていて、そして、そのほとんどというのは、個の力の問題であると言える。もちろん、監督の戦術であったり采配であったり、日程の組み方であったり、そういう部分にも問題はあるが、7割ぐらいは個の力の問題であると言える。この試合でも、シュートもそうだが、クロスの精度が酷かったシーンも多くあったし、それは絶対にやってはいけないというパスミスもあったし、クロスやパスを受ける側のプレイの仕方に問題があるシーンも多かった。結局は、根本的な問題というのはそこであり、そこの質を上げないと問題は解決されない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/04 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カンボジア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。武藤嘉紀。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】 | ホーム | ハリルホジッチの評価と本当に日本が強豪国の仲間入りをしたいのであれば。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3261-ed9c1f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |