カンボジア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。興梠慎三。原口元気。 】
試合 :W杯アジア2次予選
開催日:2015年9月3日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:本田圭佑 吉田麻也 香川真司

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  武藤嘉紀    香川真司    本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

FW       武藤嘉紀  岡崎慎司
MF  香川真司            本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

FW      宇佐美貴史  興梠慎三
MF  香川真司            原口元気
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作


長友佑都


イマジネーション豊かなアイデアや卓越したテクニックを期待するような選手ではないので、攻撃についてのパフォーマンスは、今回の試合ぐらいでも良いと思っているのだが、動きがワンパターンなので、1回やったプレイや動きは2回やらない、というぐらいの意識を持ってプレイしても良いと思うし、シュートを狙うのであれば、シュート撃つ前の動き方や動作などを、もっと考えて練習して欲しい。ただ、それよりも、最近の長友に関して心配なのは、攻撃よりも守備の方のパフォーマンスで、先日のインテルの試合でも失点につながるプレイをしてしまったが、上手くない選手はとにかく堅実にプレイする、運動量やフィジカルだけではなく集中力が勝負、という事が言えるので、早くその感覚を取り戻して欲しい。


酒井宏樹

相手のレベルが低ければ、この試合のように、少しぐらいタイミングが悪くてもスルーパスを受けて裏に抜けられるし、強引に仕掛ければドリブル突破もできてしまうが、やはり相手のレベルが高くなれば、そういうわけにはいかない。クロスに関しても、狙いというのは悪くなかったと思うし、受ける側の動きが遅かったり悪かったり、シュートを決めてくれなかったり、というのはあったが、それでも、かなり荒いというか優しくない感じのパスが多いので、そのあたりは改善してもらいたい。それからやはり、ワンタッチでのクロスの精度、というのはもっと高めてもらいたくて、それは酒井宏樹だけではなく日本の選手全体の課題であるが、それができないと強豪国に通用するクロスからの攻撃というのは生まれない。


森重真人
吉田麻也

守備については、相手のレベルを考えれば、完璧ではなかった、という事が問題で、セットプレイからヒヤッとするようなヘディングシュートも撃たれたし、ミスもあったし、ハッキリ言って、シンガポールやカンボジアが相手の試合で失点したら大問題で、失点しなくても、1回でも危ないシーンを作られたりミスをしたぐらいでも問題であり、やはりそれぐらいの高い意識というのは持ってもらいたい。守備については、まあいいや、結果オーライ、という考え方は有り得ない。相手が相手なので、W杯アジア2次予選の試合では攻撃にばかり注目が集まっているが、守備についてもきちんと見ているし、今のは強豪国が相手だったらやられていたかもしれない、というのは分かるから、もっと完璧を目指してもらいたい。


西川周作

GK西川にとっては勝負の時であり、シンガポールやカンボジアが相手の試合での失点というのは絶対に許されないし、1試合でも多く使われれば使われる程、正GKへと確実に近づいて行くから、そういう心構えでやってもらいたい。おそらく、シリアにはクロスを上げられたりシュートを撃たれたり、攻められる事も多くなると思うので、シリアとの試合が最初のターニングポイントとなるのではないだろうか。今の日本代表のGKの状況というのは、横一線になりつつあると言えるが、同じ程度のパフォーマンスであれば、やはり経験豊富な川島が正GKになると思う。それから、どの選手が正GKになったとしても、日本のGKのレベルというのは強豪国と比べて2つぐらい落ちるので、そういう認識も持って欲しい。


宇佐美貴史

ホッフェンハイムの時も、最初の数試合では得点を取ったが、その後は全く取れなくなってしまったし、今シーズンのガンバでも、後半期に入ってからは得点を取れなくなっているし、代表での得点も3月31日のウズベキスタン戦の1点だけであり、シーズンを通して、ある一定以上のパフォーマンス(得点力)を保ている肉体的あるいは精神的な強さであったり、プレイできるポジションの柔軟性であったり、そういうものがまだ宇佐美には欠けているのだと思う。守備意識は改善されているが、まだ守備力は上がっていないし、攻撃についても、まだアイデアが周囲と噛み合っていない感じもある。どの試合でも、1つ2つは光るプレイを見せているが、アベレージが高くないと、スーパーサブに甘んじてしまうと思う。


興梠慎三
原口元気

興梠については、とにかく1つ1つの動きやプレイのスピードアップ。しっかりボールを収めてプレイし、どちらかと言えば周囲を活かすタイプの選手だと思うが、そういう特長を発揮するためにも、もっと1つ1つの動きやプレイをスピードアップさせる必要がある。今の段階では、まだアジアでも通用するかどうか、というレベルにあるのではないだろうか。原口については、ポジションは左サイドでも右サイドでも中央でも良いと思うが、ヘルタの試合の戦評でも書いているように、とにかく課題は最後の部分のクオリティ。パス、クロス、ドリブル、シュート、全てのプレイにおいて、一番重要な最後のところでのクオリティが低い。プレイの質を失速させないためにはどうすれば良いのか、という事を考えて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/06 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハリルホジッチをスケープゴートにする事はかなり恥ずかしい。 | ホーム | カンボジア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。武藤嘉紀。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3263-c1acd562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |