アフガニスタン戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
試合 :W杯アジア2次予選
開催日:2015年9月8日
結果 :日本代表勝利
スコア:「0-6」
得点者:香川真司 森重真人 香川真司 岡崎慎司×2 本田圭佑

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  原口元気    香川真司    本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

FW          岡崎慎司
MF 宇佐美貴史    本田圭佑    武藤嘉紀
MF       山口蛍    遠藤航
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 原口元気
GK          西川周作


岡崎慎司

前半にもチャンスはあったが、決めて欲しいというか、せめて枠に飛ばして欲しかった、というのは、長友のクロスからヘディングしたシーンだけだったし、後半にはどのような形であれ2得点を奪ったのだから、それで良しとしても構わないと思う。リトリートする相手に最も苦しむポジションはFW(CF)であり、しかし逆に言えば、高さを武器とするようなFW(CF)を使わずに6得点を奪えたのであるから、それはプラス材料になったと思う。結局は、アジアを抜け出せば、高さを武器とするようなFW(CF)よりも、岡崎のようなFW(CF)の方が機能するようになる。ただ、もう少し自由にというか、2列目とは流動的に動くようにオーダーした方が、もっと岡崎という選手の良さを引き出せると思う。


香川真司

昨季の終盤あたりから、動きという本当に良くなっていて、今季に入ってからはプレイの柔らかさやしなやかさも取り戻しつつあるから、後はもう決定力の部分だけであり、しかし、前回のカンボジア戦にしても、あの決定的なシーンを外した事だけが大きくクローズアップされていたが、その後の得点シーンでは、きちんと冷静に見極めてシュートを撃って決めていたのであって、決定的なシーンを外した事よりも、そちらの方をもっとクローズアップして欲しかった。ネタとしては面白いとか、代表ではドルトムントの時のように輝けていない、という事の根拠の1つとしては最高のシーンだったのかもしれないが、仮にもサッカーの識者であるならば、言及すべきは、外したシーンではなく決めたシーンだったと思う。


原口元気

リトリートする相手には、やはり強引なドリブルによる仕掛け、というのが有効であり、だから8月28日の「香川と本田を「2」のポジションで起用した「4-1-2-3」が良いような気がする。W杯アジア予選のカンボジア戦とアフガニスタン戦に挑むメンバーについて。」という記事において、両サイドには武藤と原口を起用した方が良いのではないか、と書いたのだが、それが然りだったと思う。遠藤保仁のような、試合をコントロールするタイプの選手が必要なのではないか、と言われていたが、その役割は香川でも本田でもできるし、リトリートする相手にはそういうタイプの選手よりも、強引なドリブルによる仕掛けができる選手の方が必要なのであり、従って、ハリルホジッチの判断も正しかったと思う。


本田圭佑

あまりフィジカル・コンディションは良くないと思うのだが、つまり、今の本田は良い時と比べて70%から80%ぐらいのパフォーマンス状態にあると思うのだが、それでも、なんだかんだで結果も出すし、効いているプレイもする、という事が重要であり、今回の本田はそれができていたので、やはり高評価できると思う。得点を取ったシーンもそうだったし、アジアの格下が相手でも、かなり守備意識を高く持ってプレイしていたし、そういう泥臭いプレイもできるようになった本田というのは、ますます欠かせない存在になっていると思う。ただ、直接FKが決まらない、というのは、小さくない問題だと思っていて、直接FKが得点源になるのかどうかというのは大きいから、もっと徹底的に練習してもらいたい。


山口蛍

攻守において、そのアグレッシブなプレイというのは効いていた。山口の良さというのはそこだと思うので、これからも続けてもらいたい。ただ、長谷部や細貝などもそうなのだが、アグレッシブなプレイと粘り強く対応するプレイ、攻撃的な守備をする場合とゾーンを埋めて守備をする場合と、その使い分けができるかどうか、あるいは、受動的な守備力をどれだけ高められるのか、という事が問題で、それができないと、アジアを抜けた後には厳しくなってしまうと思う。そういう意味では、1対1の守備対応で、もっと奪いきれるように、という事もそうであるし、もっと冷静な判断力というのも必要だと思う。ちなみに、山口については、もう少し下半身を強化したり、重心を低くしてプレイした方が良いと感じる。


長谷部誠

反応速度などの身体能力というのは、やはり年齢を重ねると落ちてしまうと思うから、それをいかに判断力や技術力で補うのか、という事が重要になってくると思う。そういう意味では、まだ長谷部にも成長できる、成長して欲しい部分というのはあって、バイタルエリアやPAへの入り方もそうであるし、シュート、ミドルシュートの技術力もそうであるし、前述もしたように、守備面では、アグレッシブなプレイと粘り強く対応するプレイ、攻撃的な守備をする場合とゾーンを埋めて守備をする場合と、その使い分けという事について、もっと巧みになってもらいたい。それからやはり、アジアの格下との戦いを終えた後からは、ボランチからのロングフィードというのが鍵になってくると思うで、そこも高めて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/10 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アフガニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。武藤嘉紀。遠藤航。 】 | ホーム | アフガニスタン戦 【 この試合についての皆様の満足度はどれぐらい? 良かった部分はどこ? 悪かった部分はどこ? 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3267-54737945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |