アフガニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。武藤嘉紀。遠藤航。 】
試合 :W杯アジア2次予選
開催日:2015年9月8日
結果 :日本代表勝利
スコア:「0-6」
得点者:香川真司 森重真人 香川真司 岡崎慎司×2 本田圭佑

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  原口元気    香川真司    本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

FW          岡崎慎司
MF 宇佐美貴史    本田圭佑    武藤嘉紀
MF       山口蛍    遠藤航
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 原口元気
GK          西川周作


長友佑都


今回の試合のクロスには精度があったと思う。まずは守備から、そして、堅実に堅実に、という事が今の長友には必要な事で、怪我が増えてきているから、という事もそうであるし、ベテランという立場になってきているから、という事もそうで、本人も言っているが、やはりもうイケイケなだけでは活躍できない。もちろん、そうは言っても長友の良さというのはアグレッシブさなので、要するに、きちんと使い分けできるように、状況判断ができるように、という事。それから、なるべくワンパターンなプレイに陥らないように、という事。ただ、今回のアフガニスタン戦でも、長友の背の低さを狙われていたような感じもあったので、槙野を左SBにして長友を1つ前に上げるオプションというのは必要かもしれない。


酒井宏樹

クロスの精度、オーバーラップのタイミング、ファールになる事が多い守備対応、スタミナ、それから、もっと強い相手との試合では、ゴール前での守備対応、などなど、酒井宏樹にはかなり課題が多くて、内田が復帰すればやはり内田になると思うし、高徳もクラブで試合に出られるようになればファーストチョイスになる可能性はあるし、遠藤航であったり、丹羽であったり、米倉であったり、右SBでプレイできる選手というのは多いから、もっと成長速度を速くしないと、簡単にポジションを失ってしまうと思う。ほとんどは、基本技術の能力とセオリー通りプレイできているかの問題であり、スタミナのロスを減らせるかどうか、先読みの守備対応能力が身に付くかどうかもそこなので、そこを頑張って欲しい。


森重真人
吉田麻也
西川周作

森重については、得点も決めたが、それよりも、酒井宏樹へのロングフィード、しかも、対角線のロングフィードを何度も何度も出していた、という事をクローズアップしたくて、精度が悪かったり、オーバーラップのタイミングが悪くて通らなかったシーンも少なくなかったが、このプレイというのは絶対に続けて欲しい。吉田については、自信があるなら直接FKを蹴っても構わないと思うし、守備については、相手が相手なので評価は難しいが、冷静な対応というのはできていたのではないだろうか。西川については、一回だけ、キャッチに出て後ろにこぼしそうなシーンというのはあったが、良いフィードもあったし、基本的には安定していたと思う。ただ、前回も書いたように、試金石となるのはシリア戦だと思う。


宇佐美貴史

アシストしたシーンのプレイというのは流石という感じだったし、特に悪かったと言えるようなプレイというのは無かったのだが、好調だった今季の前半期と比べると、やはり決定力が落ちている、という事と、原口がそうしていたように、もっと強引にドリブルで仕掛けるプレイをしても良かったのではないか、という印象だった。柿谷などもそうなのだが、なぜか代表に入ってくると、日本のドリブラーというのは、ドリブルするのを遠慮したり、やらなくなってしまう傾向があって、もちろん、状況判断というのは重要だが、この試合については、強引にドリブルで仕掛ける、という事が高い有効性を持っていたので、そのあたりの判断力にも課題があるような気がする。ただ、やはり宇佐美はFWの選手なのかなと。


武藤嘉紀

左サイドで起用して、前回からの修正がどれだけできているのか、という事を見てみたかったのだが、この試合の戦評でも書いたように、本田への決定的なラストパスを出したり、強い闘争心や仕掛ける意識を出していたので、悪くはなかったと思う。やはり課題というのは、フィジカルの強さとスピードを活かしたプレイをしながら、1つ1つのプレイにおける技術力を高める、という事で、ボールコントロールが上手くなれば、一気に岡崎や香川や本田と並ぶような選手になれる可能性もあると思う。例えば、ボール受けて反転する、ボールを受けてパスをする、そして、その2つのプレイについて、収めて少しタメてからそれをするパターンと、ワンタッチでそれをするパターンと、という事を練習すると良いと思う。


遠藤航

アグレッシブにプレイできていたし、球際の強度の強さも見せていたので、短い出場時間ではあったが、この試合でもきちんとアピールできていたと思う。ただ、そのあたりについてであったり、ボランチと右SBでのプレイというのは、既に東アジアカップでも、使えるという事は証明されていたので、できれば、4バックのCBであったり、あるいは、3バックのCBであったり、とにかく、CBとしてのプレイというのを、この試合では見てみたかった。あるいは、ボランチであるならば、アンカーとしてのプレイというのを、この試合では見てみたかった。やはり、人材不足のポジションと言えばそこであるし、この試合ではCBのポジションであった方が、遠藤航の武器の1つであるフィードの良さも出せたと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/11 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<W杯アジア2次予選3試合の総括とハリルホジッチへの最初の評価。 | ホーム | アフガニスタン戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3268-c5adc12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |