【 長谷部誠 】【 大迫勇也 】 1アシストを含む3得点に絡む活躍だった長谷部。やはり移籍した方が良いと思う大迫。 【 フランクフルト vs ケルン 】
試合 :ブンデスリーガ 第4節
開催日:2015年9月12日
結果 :フランクフルト勝利
スコア:「6-2」
得点者:マイアー カステグノス マイアー モデスト カステグノス セフェロヴィッチ ハインツ マイアー

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 フランクフルト 】

FW カステグノス セフェロヴィッチ
MF マイアー
MF ステンデラ ライナルツ 長谷部誠
DF オチプカ アブラハム ルス イグニョフスキ
GK フラデツキー

FW カステグノス カドレツ
MF ステンデラ
MF フルム ライナルツ 長谷部誠
DF オチプカ アブラハム ルス イグニョフスキ
GK フラデツキー


前半4分、長谷部が右サイドで起点となり、右SBのイグニョフスキがクロス、マイアーが決めてフランクフルトが先制点。前半15分、CBルスのスルーパスで中央を抜け出したカステグノスが決めて2点目。前半23分、右サイドに流れたセフェロヴィッチに長谷部からパスが出て、セフェロヴィッチからクロスをマイアーが決めて3点目。前半28分には1点を返されてしまうが、前半30分、長谷部のスルーパスで中央を抜け出したカステグノスが決めて4点目。そして、後半28分、高い位置でボールを奪い、最後はセフェロヴィッチが決めて5点目。後半36分にはCKから失点してしまうが、後半42分、左からのクロスをマイアーが決めて6点目。という事で、スコア「6-2」、フランクフルトの勝利となった。

昨季の得点王であるマイアーが復帰し、その復帰試合でいきなりハットトリックという事で、流石という感じだった。カステグノスとセフェロヴィッチも前節に続いて得点を取り、カステグノス、マイヤー、セフェロヴィッチ、という前の3枚は、高い威力を持ちそうな気がする。ただ、守備については相変わらずなので、チーム状態というのは昨季と大きく変わらないのかなと。長谷部については、この試合では「4-3-1-2」の「3」の右だったが、1アシスト、3つの得点に絡み、攻撃に関してのパフォーマンスは上々だった。やはり、3ボランチ気味の右サイドというのが、最も長谷部には適していると思う。守備に関しては、CKの時に空中戦で競り負けて失点の原因となってしまったが、流れの中では悪くなかった。


【 ケルン 】

FW モデスト ツォラー
MF ビッテンコート レーマン フォフト リッセ
DF ヘクター ハインツ ソレンソン オルコウスキ
GK ホルン

FW ツォラー モデスト
MF 大迫勇也 リッセ
MF ヘクター レーマン オルコウスキ
DF ハインツ フォフト ソレンソン
GK ホルン

FW ツォラー 大迫勇也
MF スヴェント リッセ
MF ヘクター レーマン オルコウスキ
DF ハインツ フォフト ソレンソン
GK ホルン


最初の失点は相手の良さを褒めるしかなかったと思うが、2失点目と4失点目はスルーパスで簡単に中央のDFラインの裏を取られ、3失点目と6失点目はマイアーへのマークがズレ、5失点目は1ボランチのレーマンがボールを奪われ、という事で、リーグが中断した事で守備に対する集中力を失ってしまったのかなと。攻撃力が低く、堅守が生命線のチームなので、この試合のような守備の状態が続いてしまうと、間違いなく降格してしまうと思う。良かった時というのは、もっとコンパクトにできていたし、攻から守への切り替えも速かった。もちろん、相手は攻撃力のあるチームだったので、それができていても無失点というのは難しかったと思うが、それができていれば、おそらく2失点か3失点ぐらいで済んだと思う。

大迫については、後半4分から出場し、最初は「3-3-2-2」の中盤の「2」の左、途中からは2トップの1枚としてプレイしていたが、怪我明けでまだフィジカル・コンディションが整っていない感じもあったし、チームとしてどのような攻撃をしたかったのか、その中で大迫にどのようなプレイをして欲しかったのか、という事が不明確な状態でプレイを続けていたような感じで、それだと厳しいだろう、という印象だった。昨シーズンを考えれば、「4-4-2」の2トップの1枚として大迫を起用し、最前線の中央ではなくサイドや中盤で大迫に縦パスを収めさせ、右はリッセの個による突破、左は長澤と大迫のコンビネーションで崩す、という攻撃の形が機能していたから、なぜそうしないのか不思議な感じがする。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/14 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 ミランが得点できなかった原因。本田の悪かった部分と良かった部分。ミハイロヴィッチの采配。 【 インテル vs ミラン 】 | ホーム | 【 香川真司 】【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 スルーパスとセットプレイで魅せた清武。4試合で15得点の攻撃を牽引する香川。 【 ハノーファー vs ドルトムント 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3271-a6f6a1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |