【 武藤嘉紀 】 高い可能性を感じさせるポテンシャルと成長速度の早さ。 【 シャルケ vs マインツ 】
試合 :ブンデスリーガ 第4節
開催日:2015年9月13日
結果 :シャルケ勝利
スコア:「2-1」
得点者:マティプ マリ フンテラール

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 マインツ 】

FW 武藤嘉紀 マリ
MF クレメンス ラツァ バウムガルトリンガー ブロンシンスキ
DF ベングトソン ベル ブンガート バログン
GK カリウス

FW 武藤嘉紀 ニーダーレヒナー
MF マリ
MF デ・ブラシス クレメント バウムガルトリンガー ブロンシンスキ
DF ベル ブンガート バログン
GK カリウス


勝てなかったが、武藤のパフォーマンスというのは、この試合でもポジティブだった。依然として決定力に課題は残したが、チームへのフィット感というのは既に高く、相手に怖さを与えられるCFになっている。前半38分にCKから失点。しかし、前半42分、ラツァのスルーパスから武藤が抜け出しクロス、クレメンスがシュート、ポストに当って弾かれる、最後はマリが決める、という形で同点ゴールが生まれた。その後、CBベルのミスから後半16分にフンテラールに決められてしまい、結果はスコア「2-1」でマインツの敗戦ではあったが、守備でも貢献しつつ何度もチャンス作り出すなど、武藤の活躍は目立った。

岡崎とは違い、代表での高い実績があるわけではなく、ブンデスリーガでの数年の経験があるわけでもなく、もう少しスタートは厳しいものになると予想していたが、岡崎がマインツというチームに日本人選手に対するポジティブな印象を残してくれた事、それから、武藤自身がスピードとフィジカルではブンデスリーガでも通用するポテンシャルを備えていた事によって、最初のハードルというのは軽く乗り越えられたようだ。他にも、きちんと言葉でコミュニケーションできる事や、監督がCF武藤を正しい方法で使ってくれている事も、やはり大きいと感じる。もう少しシュートやパスに精度があれば、今は満点に近いと思う。

もちろん、2つ目のハードルがすぐにやってくる可能性はある。マリ、サンペリオ、クレメンス、ラツァ、などは、今のところ良いパフォーマンスを見せているが、そもそもマインツは選手層が厚いクラブではないし、新加入のフライとニーダーレヒナーはまだフィットしておらず、GKカリウスは優秀だが、DFラインの守備力というのは高いと言えないから、武藤のパフォーマンスが高くても、なかなか良い結果を出せない状態に陥る可能性というのはある。また、やはりそう遅くないうちに武藤のプレイも分析・対策されてくると思うので、それでも良いパフォーマンスを発揮し続けられるのか、というハードルは来ると思う。

ただ、武藤という選手は成長速度が早く、オフサイドにかからないようにDFラインの裏を取る動きは良くなっているし、シュートやパスの精度も、もう少しというところまでは来ている。そのもう少しのハードルというのは低くないが、そこに対して常に向上心を持って練習や試合を重ねて行けば、必ずシュートやパスの精度というのは高くなると思う。ボール受けて反転する、ボールを受けてパスをする、そして、その2つのプレイについて、収めて少しタメてからそれをするパターンと、ワンタッチでそれをするパターン、また、それはパスをシュートに置き換えても同じであるから、とにかくそこを重点的に練習して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/17 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 香川真司 】 内容としては良くなかったが、それでも逆転勝利。香川は後半から出場し、中盤の攻守の機能性を上げた。 【 ドルトムント vs クラスノダール 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 スタメン出場も前半だけで交代。しかし岡崎を代える必要はあったのか? 【 レスター vs アストン・ヴィラ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3274-44f1ef6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |