【 本田圭佑 】 本田へのブーイングは恥ずべき行為。 【 ミラン vs パレルモ 】
試合 :セリエA 第4節
開催日:2015年9月19日
結果 :ミラン勝利
スコア:「3-2」
得点者:バッカ ヒリェマルク ボナヴェントゥーラ ヒリェマルク バッカ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW バッカ アドリアーノ
MF 本田圭佑
MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ クツカ
DF デ・シーリョ ロマニョーリ サパタ アバーテ
GK ディエゴ・ロペス

FW バロテッリ バッカ
MF ボナヴェントゥーラ
MF クツカ モントリーヴォ ポリ
DF デ・シーリョ ロマニョーリ サパタ カラブリア
GK ディエゴ・ロペス


1つ1つのプレイをきちんと評価すれば、攻守において、本田は良いプレイをしていた回数の方が多くて、この試合のパフォーマンスで交代時にブーイングというのは、あまりにも心無い行為だと思う。この試合では2失点だったが、モントリーヴォをアンカーに置いても大きく守備が崩れないのは本田が守備を頑張っているからであり、そういう事を評価せず、アシストや得点が無いという事で批判するのであれば、近年のミランの低迷はそういうメディアやサポーターにも原因があると断言できる。それがミラニスタだ、それがイタリアだ、というのは言い訳にならなくて、やはり間違っているならば変えるべきなのではないだろうか。むしろ、本田には今のプレイを続けてもらい、彼らが間違っている事を示して欲しい。

もちろん、本田がパーフェクトなプレイをしていると言っているわけではない。ボールコントロールが上手くできないシーンもある。しかし、攻撃のスイッチとなるようなプレイというのは何回もやっていたし、本田が良いオフ・ザ・ボールの動きで走ったりフリーになっていたりしても、そこにパスが来ない、という事はとても多くて、むしろメディアやサポーターが声を大にして指摘するべきなのは、そこなのではないだろうか。バッカとアドリアーノは、得点は取っているが、起点という部分では赤点だと言える。デ・シーリョとアバーテはプレイの質が低く、途中交代で入った18歳のカラブリアの方が攻守に良いプレイをしていた。また、前節では良いプレイをしていたバロテッリも、この試合では全くダメだった。

途中からはボナヴェントゥーラがトップ下でプレイしたが、それで特に良くなった部分は無かった。むしろ、3列目でプレイした方が、前の3枚が作ったバイタルエリアのスペースを使って、ドリブルで仕掛けたりミドルシュートを放ったりしやすい。現在のミランというのは、本田とクツカが汗かき役もしくは汚れ役をこなしているから、きちんとしたチームとして成立しているところがあり、特に本田の場合には、本来であればそういうタイプの選手ではないのに、その役割を引き受けているのであって、それに対してブーイングを浴びせるというのは、大いに恥ずべき行為だと思う。しかも、そういうイタリアのメディアやサポーターに同調して本田を批判する日本人がいる、という事についても、大きな憤りを感じる。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/21 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<【 香川真司 】 辿り着いたベスト・ポジション。復活だけではなく進化も感じられる。 【 ドルトムント vs レヴァークーゼン 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 まずはフィジカル・コンディションの回復を。次に強い当たりに対するプレイにアイデアを。 【 ストーク vs レスター 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/21 22:01】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/09/21 20:47】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/21 18:33】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/21 16:24】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/21 16:06】 | #[ 編集] | page top↑
本田に関してはともかく、私もイタリア紙の評価基準というものに疑問を感じています。
彼らは白か黒かという基準しかなく、結果を出せば手放しで賞賛し、そうでなければ平気で手のひらを返すような評価が目立つような気がします。
内容をちゃんと分析しない姿勢には、正直未来を感じませんね。
【2015/09/21 15:58】 URL | 中堅読者 #-[ 編集] | page top↑
ミハイロビッチもオフザボールの働きに関しては本田を賞賛してたようですね。
実際に見ていて、守備の奮闘は勿論のこと、何度もいいところでフリーになっているのにボールが来ないことに歯がゆさを感じました。
ですが、実際以前の本田に比べボールコントロールの質が下がってるように感じます。本田がミランに入団したての半シーズンを思い出すようなぎこちないボールタッチです。
昨シーズン前半の活躍ぶりを見ているだけに、フィジカルコンディションだけの問題であることを願います。
【2015/09/21 13:13】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3278-b8d9b97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |