【 本田圭佑 】 本田が縁の下の力持ちになってチームを支えているのは間違いない。 【 ウディネーゼ vs ミラン 】
試合 :セリエA 第5節
開催日:2015年9月22日
結果 :ミラン勝利
スコア:「2-3」
得点者:バロテッリ ボナヴェントゥーラ サパタ バドゥ ゼパタ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW バロテッリ バッカ
MF 本田圭佑
MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ デ・ヨング
DF デ・シーリョ ロマニョーリ サパタ カラブリア
GK ディエゴ・ロペス

FW バロテッリ アドリアーノ
MF ボナヴェントゥーラ モントリーヴォ デ・ヨング ポリ
DF デ・シーリョ ロマニョーリ アレックス サパタ
GK ディエゴ・ロペス


前半5分、バロテッリが直接FKを決めてミランが先制点。更には、前半10分、中盤でボールを奪ったところから、ゴール前へと長い距離走ったボナヴェントゥーラにモントリーヴォから縦パスが出され、それが通ってミランが2点目。そして、前半26分には本田が高い位置でボールを奪ってバッカへ、前半34分にはバッカからの折り返しに本田、とミランはチャンスを作り続け、前半終了間際の46分には、CKからCBのサパタがヘディングで決めて3点目。前半はスコア「0-3」、ミランの3点リード、という結果で終えた。

しかし、後半になると、ウディネーゼがゼパタを入れた事、ミランがカラブリアに代えてアレックスを入れ、サパタを右SBとした事によって、流れは一気にウディネーゼへ。後半6分と後半13分にミランは失点し、スコア「2-3」。という事で、後半19分、ミランは本田に代えてポリを投入。ボナヴェントゥーラをトップ下の位置に移し、悪くなった流れを立て直そうとする。しかし、それでも流れは変わらずに攻められ続け、ミランはシステムを「4-3-1-2」から「4-4-2」へと変更。これで少し安定感を取り戻した。

そして、後半35分、バッカに代えてアドリアーノを入れると、攻撃は機能性を取り戻さなかったが、守備には更に安定感が出て、ミランは逃げ切りに成功。スコア「2-3」での薄氷の勝利を手に入れた。この試合の本田は、中盤やサイドでプレイする事が多いバロテッリの代わりに、ゴール前へ入って行ったり、DFラインの裏を狙って走ったり、更には、いつものように、守備での貢献、スペースメイキングと、縁の下の力持ちになって勝利に貢献。何回かボールコントロールのミスはあったが、特に前半というのは良い感じだった。

しかし、後半4分のカラブリア→アレックス、サパタを右SB、という変更によって潮目が変わってしまい、失点に本田は全く関わっていなかったが、2失点後の後半19分に交代、という事になってしまった。個人的には、ここでの判断は、左SHにボナヴェントゥーラ、右SHに本田、とした「4-4-2」へとシステムを変更し、バッカに代えてアドリアーノを入れる、という事で良かったと思う。ポリを入れて、ポリを「3」の左、ボナヴェントゥーラをトップ下とした「4-3-1-2」の時には、同点に追い付かれそうだった。

そして、その後に、疲れが見え始めた本田か、あまりパフォーマンスが良くなかったデ・ヨングに代えてポリ、という交代采配をするのがベストだったと思う。あるいは、カラブリア→アレックスではなくカラブリア→ポリで、そのポリを右SBとしていたら、2失点は起こらなかったかもしれない。ゴールやアシストという結果が出ていない選手を批判するのは簡単。それから、本田のパフォーマンスが完璧ではないのも確かにそう。しかし、本田が縁の下の力持ちになってチームを支えているのは間違いない。きちんと評価して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/23 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<問題は本田よりも2トップ。本田はきちんと仕事をしている。日本のメディアならば援護射撃を。 | ホーム | 【 香川真司 】 辿り着いたベスト・ポジション。復活だけではなく進化も感じられる。 【 ドルトムント vs レヴァークーゼン 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/23 18:58】 | #[ 編集] | page top↑
チームは勝っていても、本田選手の叩かれ方が試合を経るごとに強くなってる気がします。本田選手はコンディション作りに失敗したんでしょうか?
長所だった筈の当たり負けしない体とキープ力が、どちらも失われている様に思います。ロストを恐れてか本田選手にパス自体が出ていない様に見えます。ボールが回ってこなくては、現状を打破する事は難しい気もします。
本田選手はどこのポジションで、どの様に使われればベストのパフォーマンスが出来るとお考えですか?
考えを教えて頂けたら嬉しいです。
【2015/09/23 18:24】 URL | 闇の腹心 #-[ 編集] | page top↑
ミランの10番でありトップ下=花形という概念が本田を黒子役として評価することを許さないのかもしれませんね。

しかし前節に引き続きボールコントロールが良くなかったです。ボールに触った回数も多くなかったと思います。
昔からある程度波のある選手ではあったと思いますがここまでになってしまったのは膝の怪我、あるいは病気が影響してるのでしょうか。
わかりませんが今の本田を見てるのは正直辛いです。
今までの本田が蘇ってきたように、今回もきっとまた蘇ると信じてます。
【2015/09/23 14:18】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3280-e737db83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |