スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【 岡崎慎司 】 今の起用のされ方では良いバイオリズムに入れない。 【 レスター vs アーセナル 】
試合 :プレミアリーグ 第7節
開催日:2015年9月26日
結果 :アーセナル勝利
スコア:「2-5」
得点者:ヴァーディ ウォルコット サンチェス×3 ヴァーディ ジルー

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ 岡崎慎司
MF アルブライトン カンテ ドリンクウォーター マレズ
DF シュラップ モーガン フート デ・ラート
GK シュマイケル

FW ヴァーディ
MF アルブライトン キング カンテ マレズ
MF ドリンクウォーター
DF シュラップ モーガン フート デ・ラート
GK シュマイケル


前半13分、カウンターからヴァーディが決め、レスターが先制点。しかし、前半18分にDFラインの裏を突かれ、ウォルコットに同点ゴールを決められてしまうと、前半33分には右サイドを崩され、最後はサンチェスに逆転ゴールを押し込まれてしまう。ただ、内容的にはすごく悪かったわけではないし、まだスコア「1-2」という1点のビハインド状態だったので、後半のスタートからメンバーやシステムなどを変更する必要は無いと個人的には思っていたのだが、やはりと言うべきか、レスターは後半のスタートから岡崎に代えてキングを投入。そして、システムも「4-4-2」から「4-1-4-1」へと変更。


FW ヴァーディ ウジョア
MF マレズ
MF キング ドリンクウォーター カンテ
DF シュラップ モーガン フート デ・ラート
GK シュマイケル

FW ヴァーディ ウジョア
MF クラマリッチ キング カンテ マレズ
DF シュラップ モーガン フート デ・ラート
GK シュマイケル


岡崎を外した「4-1-4-1」というシステムは、前にやった時に全く機能しなかったので、かなり心配になったのだが、案の定、この試合でも全く攻守に機能せず、防戦一方のような状態になってしまい、後半12分には3失点目。その後、レスターは、後半19分にアルブライトンに代えてウジョアを入れ、マレズをトップ下にした「4-3-1-2」へとシステムを変更したが、それも機能せず、結局は、後半33分にドリンクウォーターに代えてクラマリッチを入れ、システムを「4-4-2」へと戻す。しかし、流れは完全にアーセナルとなってしまっていたから、その流れは変えられず、後半36分には4失点目。

そして、後半44分にはヴァーディが決めて1点を返す事には成功したが、後半48分にはジルーに決められてしまい5失点目。という事で、試合はスコア「2-5」、レスターの大敗、という結果に終わった。今のところ、ダイアーが起用できれば、左SHをアルブライトンに代えてダイアーにした、この試合のスタメンのメンバーでの「4-4-2」という布陣がレスターのベストで、前述もしたように、1得点2失点という結果ではあったが、前半の内容というのはそれほど悪かったわけではなく、この試合の大敗の原因は、ラニエリの采配ミスにあったと思う。特に「4-1-4-1」へ変えた事は、大きな失敗だった。

また、岡崎についても、あまり得点の匂いというのは感じさせていなかったが、やはり起点や守備への貢献という部分ではきちんと効いていて、レスターが後半になってから攻守に機能性を落としてしまったのは、システムの変更だけが原因なのではなく、岡崎がいなくなってしまったから、という事も一因としてはあったと思う。もちろん、岡崎をベンチに下げてから大逆転、あるいは同点に追い付く、という試合があったので、それを踏襲しようとしたのは仕方なかったのかもしれないが、前半の内容や結果を考えれば、その考え方は少し安易だったかなと。少なくとも、後半のスタートは、そのままの方が良かったと思う。

やはり、そういう起用のされ方をされてしまうと、結果を出さなければ、得点を取らなければ、と焦るようになってしまい、実際、この試合の岡崎にはそういう感じが強くあって、悪循環になってしまうと思う。ミランでの本田もそうであるように、レスターでの岡崎というのも、チャンスの時にラストパスが来ない、という状態が続いていて、かなりのもどかしさを感じる。もちろん、これまでの試合において、その数は少なかったが、数回あったチャンスで決められなかった、それから、開幕からの2試合ぐらいと比べればパフォーマンスが落ちてる、という事はあるが、今の起用のされ方では良いバイオリズムに入れない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/27 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 本田外しは解決策にならず。 【 ジェノア vs ミラン 】 | ホーム | 本田圭佑とシニシャ・ミハイロヴィッチのACミラン。トップ下の仕事。2トップとトップ下の正しい関係性。本田のベスト・ポジションについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3284-f1cee7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。