【 本田圭佑 】 本田外しは解決策にならず。 【 ジェノア vs ミラン 】
試合 :セリエA 第6節
開催日:2015年9月27日
結果 :ジェノア勝利
スコア:「1-0」
得点者:ジェマイリ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW バロテッリ アドリアーノ
MF ボナヴェントゥーラ
MF ベルトラッチ モントリーヴォ デ・ヨング
DF デ・シーリョ ロマニョーリ サパタ カラブリア
GK ディエゴ・ロペス

FW アドリアーノ バッカ バロテッリ
MF
MF ベルトラッチ クツカ
DF デ・シーリョ ロドリゴ・エリー サパタ カラブリア
GK ディエゴ・ロペス


ボナヴェントゥーラだって、それほど悪かったわけではないと思うけど、やはり中盤で最も相手からの厳しい対応を受けるのはトップ下の選手であるし、やはり2トップが上手く起点となってくれたり動いたりしてくれないと、トップ下というのは良いプレイをするのが難しくなるし、それに加えて、今の戦術でのトップ下というのは守備のタスクも多くこなさなければならないのだから、やはりそういう事を全て理解した上で評価しないと、大きく的外れな誹謗中傷レベルの批判になってしまうと思う。ただ、トップ下でのボナヴェントゥーラと本田を比べた場合には、守備への貢献度、展開力、という部分では、やはり本田の方が上だと思うし、ボナヴェントゥーラではスペースメイキングやデコイの仕事ができない。

それに、いくらトップ下の選手が守備で頑張っていたとしても、ウディネーゼ戦のように監督の采配ミスがあったり、今回のジェノア戦のように、後ろの選手たちの守備対応が悪くてセットプレイのチャンスを何度も与えてしまう、ミスを連発してしまう、退場者を出してしまう、という事になれば、やはり良い内容の試合などできるはずがない。そして、そういう現状でありながら、もし本田だけを批判するのではあれば、それは本田をスケープゴートにしている、と言われても仕方がないのではないだろうか。ミランの10番だから、ミランの10番なのに、というのは時代錯誤も甚だしいし、これだけ長く低迷が続いている原因を本田のせいにしているのだとしたら、それはとんでもなく誤った見方であると言える。

この試合を観ても、やはりボナヴェントゥーラは「4-3-1-2」の「3」の左が良いと思うし、「4-3-1-2」の「3」の右は、クツカ、ベルトラッチ、ポリ、それからおそらく、デ・ヨングよりは本田の方がそこで機能すると思う。後は、ベルトラッチとバロテッリがトップ下で機能するのかどうか、という事になってくると思うが、もしそれが機能しなかった場合には、現状では、「4-3-1-2」のトップ下のポジションは本田がベターである、という事で間違いないと思う。そして、そうなった場合には、大きな問題点は本田のパフォーマンスにあるわけではない、本田のプレイが云々というよりも他の選手にある、と考えなければ問題は解決されないから、きちんとそちらにベクトルを傾けて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/09/28 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 香川真司 】 1点目の時のギンターへのパスは見事。チームは残されている課題を克服しなければならない時期に入った。 【 ドルトムント vs ダルムシュタット 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 今の起用のされ方では良いバイオリズムに入れない。 【 レスター vs アーセナル 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/28 22:24】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3285-1b19d8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |