スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イラン戦選手評価 【 米倉恒貴。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。原口元気。清武弘嗣。柏木陽介。岡崎慎司。丹羽大輝。南野拓実。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2015年10月13日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:デジャガ(PK) 武藤嘉紀

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          武藤嘉紀
MF 宇佐美貴史    香川真司    本田圭佑
MF       長谷部誠  柴崎岳
DF  米倉恒貴 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

FW          岡崎慎司
MF  原口元気    清武弘嗣    南野拓実
MF       柏木陽介  長谷部誠
DF  米倉恒貴 森重真人  吉田麻也 丹羽大輝
GK          西川周作


米倉恒貴

前半は苦戦していたが、後半は及第点のパフォーマンスだったと思う。若手ではないが、代表や国際舞台での試合経験は少ない選手なので、やはり慣れというのが必要だと思う。可能性を感じるのは、身体能力が高い、スピードがある、という部分で、酒井宏樹と酒井高徳のパフォーマンスがイマイチであるから、左SBに長友、右SBに米倉、という布陣で、次の試合に挑んでも良いのではないだろうか。ただ、右SBは、遠藤航と丹羽も良いパフォーマンスだったし、長友とのバランス的には、という事もあるので、そこがどうか。


酒井高徳

成長はしているのだが、酒井高徳、酒井宏樹、吉田、というのは、その成長速度が牛歩で、なかなか満足できるようなパフォーマンスを見せてくれない。残りの約2年半ぐらいで、どこまで成長できるのか、かなりの不安を感じる。集中力、判断力、足元の技術力、1対1での対応力、ほとんどの能力がまだ不足している。ハンブルガーではあまり試合に出場できていないが、代表では今がチャンスの時であり、試合勘が、などと言ってられない。もしかしたら、この試合のパフォーマンスによって、次のチャンスは無いかもしれない。


森重真人
吉田麻也
西川周作

CBの森重と吉田については、というか、ほとんどの日本のCBというのは、どうしても集中力を切らしてしまう瞬間というのが1試合の中で数回はあって、やはり多くの失点というのはそういう時に起こっているし、それが失点にはならなくても、アジアでは相手のクオリティの低さや決定力の低さに救われている、という事なので、とにかくそこを修正しなければならないと思う。そして、GKの西川については、試合を重ねるごとに良くなっていると思うから、そのクオリティを落とさないと同時に、もっと上を目指して欲しい。


原口元気
柏木陽介

原口については、やはりスタメン向きなのかな、という事と、ただ、そこはともかく、ヘルタでのプレイを観ていてもそうなのだが、最後のワンプレイ、とにかくそこのプレイの質が低いので、そこについてもっと集中的に強化してもらいたい。そして、柏木については、柴崎のところでも書いたが、柴崎と比べて判断力も含めた1つ1つのプレイのスピードが速かった、という部分が良かったと思う。ただ、やはり、フィジカルの強さは紙のようなので、さすがにもう少しフィジカルを強くしないと、この先は苦しむ事になると思う。


清武弘嗣
岡崎慎司

清武については、ニュルンベルクでの最後のシーズンあたりからは、かなり闘志というのが前面に出るようになっていて、もちろんそれは良い事なのだが、それによって不要なファールをしたり無駄なイエローカードを貰う事もあるので、そこは注意してもらいたい。とにかく代表で清武が活躍するためのポイントは、サポート役ではなく、常にアグレッシブに自分が得点を狙うプレイをする事だと思う。そして、岡崎については、安定のパフォーマンスだったと思う。ただ、個人的には、やはりどうしても2トップの形が見てみたい。


丹羽大輝

丹羽については、守備を安定させた、という部分で、良いパフォーマンスだったのではないだろうか。今回はおそらく、海外組を信頼する、という意図で、酒井高徳を2試合連続でスタメン起用したのだと思うが、ザックの時もそうであったように、ハリルホジッチも右SBには高さもしくは守備力のある選手を起用したいのではないか、と思っていて、それは左SBが長友だからなのだが、そう考えると、米倉を右ではなく左で起用したり、右SBには、遠藤航、丹羽、塩谷、という選手たちを起用したり、という事にも合点がいく。


* 南野拓実についてはプレイ時間が短かったので評価無し。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/10/16 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イラン戦後の本田と清武と岡崎のコメントから、前半と後半、距離感、カウンターとセットプレイ、という事について。 | ホーム | イラン戦選手評価 【 武藤嘉紀。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。柴崎岳。長谷部誠。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3303-f396f726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。