【 岡崎慎司 】【 吉田麻也 】 流れが良くなるまで我慢。前半の守備的な戦い方の中でどうやって得点を奪うのか。 【 サウザンプトン vs レスター 】
試合 :プレミアリーグ 第9節
開催日:2015年10月17日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:フォンテ ファン・ダイク ヴァーディ×2

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ 岡崎慎司
MF シュラップ カンテ ドリンクウォーター アルブライトン
DF フクス モーガン フート シンプソン
GK シュマイケル

FW ヴァーディ マレズ
MF アルブライトン カンテ ドリンクウォーター ダイアー
DF フクス モーガン フート シンプソン
GK シュマイケル


前半は守備的に戦いながらも失点し、しかし、後半は攻撃的に戦って同点に追い付いたり逆転したりする、というのがレスターの試合パターンになっているが、やはりこの試合もそうだった。前半にCKから2失点。しかし、後半にヴァーディが2得点。シュラップに代えてダイアー、岡崎に代えてマレズ、という後半スタートからの交代采配が功を奏したと言える。ただ、シュラップは明らかにいつもより動けていない感じだったが、岡崎のパフォーマンスというのは悪くなく、今はチームとして、前半が悪くて後半が良くなる、というパターンがあるとしか言い様がない。ヴァーディも前半のパフォーマンスはイマイチだった。

岡崎の立場からすれば、ヴァーディがとにかく得点を決めるので、攻撃、得点を取る、という部分については、主役になれなくてもある程度は仕方がないと考えていると思うが、スタメンで使われ続けている理由は、守備力、守備への献身性、という部分であるとわかっていると思うから、自分がピッチに立っている時に失点してしまうというのは、やはり悔しいのではないだろうか。前半に失点が無ければ、あるいは、前半でビハインドにならなければ、出場時間を伸ばせる、と考えていると思うし、実際、おそらくそうであると思う。そして、そうなる試合も必ずあると思うので、とにかく今は我慢してプレイし続けて欲しい。

しかし、前半の守備的な戦い方の中でどうやって得点を奪うのか、という事を考えた場合には、アーリークロスから、ミドルシュートから、そして、こぼれ球を、という事になるのではないかと思っていて、PA内での相手のマークを剥がしてフリーになる動きの質をどれだけ高められるのか、アタッキングサード内でのミドルシュートの意識と威力をどれだけ高められるのか、そして、フィニッシュのシーンでどれだけこぼれ球の予測(嗅覚)を働かせるのか、という事になってくると思う。ちなみに、吉田については、後半15分から途中出場して、右SBとしてプレイしたが、特に悪くもなく良くもなく、という感じだった。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/10/19 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 香川真司 】【 武藤嘉紀 】 良さと課題の両方が出た試合。 【 マインツ vs ドルトムント 】 | ホーム | 【 本田圭佑 】 勝てた試合でも引き分け。根本的な問題を解決しなければ復調は難しい。 【 トリノ vs ミラン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3306-c8ac5a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |