スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【 本田圭佑 】 チェルチやスソよりも明らかに本田のパフォーマンスの方が上。 【 ミラン vs インテル 】
試合 :ベルルスコーニ杯
開催日:2015年10月21日
結果 :インテル勝利
スコア:「0-1」
得点者:コンドグビア

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW 本田圭佑 アドリアーノ チェルチ
MF ベルトラッチ ポリ
MF デ・ヨング
DF アントネッリ ロマニョーリ メクセス デ・シーリョ
GK ディエゴ・ロペス


チェルチにボールを集めて攻撃しようとしていたミランだったが、チェルチのパフォーマンスが低くて全く攻撃の形が作れず、前半11分にはCB同士の連携ミスによって失点。アドリアーノのパフォーマンスも低く、前の3枚で最もチャンス・メイクや得点の可能性を感じさせていたのは本田だった。本田は縦やダイアゴナルに動いてDFラインの裏を取るプレイで良さを見せ、前半14分のメクセスからのロングパスを受けて抜け出したシーンは相手のファール的な対応で倒されてしまったが、前半18分のメクセスからのロングパスを受けて抜け出したシーンではシュートを放ち、それがこの試合のミランの最初のチャンスだった。

そして、少しずつ本田にボールが集まり始めると、前半21分にはCKからのセカンドボールを本田がシュート、更には、前半27分には本田が縦に動いてクロスを入れ、それに、アドリアーノ、チェルチ、ポリ、と次々に反応したがシュートは決められず、というチャンスシーンを作り出した。また、後半になり、アドリアーノとチェルチがボアテングとスソに交代となってからも本田はチャンスを作り、後半11分には本田が高い位置でプレスをかけてボアテングがボールを奪い、ボアテングからのパスを受けた本田がシュート。これは相手GKのファイン・セーブに阻まれてしまったが、更に後半21分にも本田がチャンスを作る。

後半21分、右SBアバーテからのクロスに本田が左足で合わせてシュート。合わせるだけのシュートだったので、それがGKの正面に飛んでしまった事は残念だったが、その後にも、ロングパスをヘディングで落としてボアテングのシュートチャンスを作るなど、後半35分に交代となってベンチに下がるまで、この試合の本田はチャンスを作り続けた。本田が良かったシーンだけ書き出しているのではないかと思うかもしれないが、そんな事はなく、決定機で決められなかった事は批判されるかもしれないが、この試合のミランのチャンスシーンというのは、ほぼ本田が作り出していたし、ほぼ本田が絡んでいた。それは嘘ではない。

明らかに、左サイドでありながらも、右サイドでプレイしていたチェルチよりもパフォーマンスは上であったし、アドリアーノとスソと比べても、やはり本田の方がパフォーマンスは上だった。もしこれで次戦でチェルチやスソをスタメンに選んだとしたら、あるいは、本田をスタメンで使わなかったとしたら、もはやシニシャ・ミハイロヴィッチの見る目を疑うしかない。そして、やはり、前回のエントリーで書いたように、「4-1-2-3」のウイングのポジションであった方が、守備負担が減る、最後のところでのパスやクロスが本田に来る可能性が高くなる、という事によって、より本田は攻撃で活躍できるようになると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/10/22 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【 香川真司 】 少し低い位置から中央へ入って行くかサイドへ行くかという選択肢があった方が良いのかなと。 【 ガバラ vs ドルトムント 】 | ホーム | 本田圭佑が「4-1-2-3」の「3」の右サイドで起用されるようになった場合の3つの利点。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/24 00:38】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/10/22 23:59】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3309-7b600bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。