スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【 本田圭佑 】 本田は9分間で前節のサッスオロ戦でチェルチがやった2つの仕事と同じ仕事をやったと言える。 【 ミラン vs キエーヴォ 】
試合 :セリエA 第10節
開催日:2015年10月28日
結果 :ミラン勝利
スコア:「1-0」
得点者:アントネッリ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW ボナヴェントゥーラ バッカ チェルチ
MF ベルトラッチ クツカ
MF モントリーヴォ
DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス アバーテ
GK ドナルマ

FW ボナヴェントゥーラ アドリアーノ 本田圭佑
MF ベルトラッチ クツカ
MF モントリーヴォ
DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス デ・シーリョ
GK ドナルマ


先に本田の話からすると、本田は後半39分から出場したのだが、後半44分には中央の位置から左のボナヴェントゥーラにパスを出し、それが通っていれば大きなチャンスになったし、結局それは相手に当ってCKになったのだが、そのCKからはクツカの決定的なヘディングシュートが生まれていて、それが決まっていれば、前節のサッスオロ戦でチェルチがやった1つの仕事と同じ仕事をした、という事になる。また、後半46分には左サイドの本田のパスからボナヴェントゥーラが中央のDFラインの裏へと抜け出す、という決定的なチャンスシーンがあって、これはオフサイドという判定だったのだが、どう見てもこれはオフサイドではなく、明らかな誤審で、やはりこれも得点に繋がっていれば、前節のサッスオロ戦でチェルチがやった1つの仕事と同じ仕事をした、という事になる。

従って、本田は9分(6分+アディショナルタイム3分)という短い時間で、結果としては違うが、プレイとしては、前節のサッスオロ戦でチェルチがやった2つの仕事と同じ仕事をやった、という事になり、結局のところ、「4-1-2-3」に変えてからの本田というのは、「3」の右では約15分ぐらいしかプレイ時間を与えられておらず、やはりそれでは、本田とチェルチ、どちらが良いのか、という比較はできない。但し、ベルルスコーニ杯のインテル戦では、右でプレイしたチェルチが全く良いところ無く前半45分で交代になったのに対して、決められなかったが、左でプレイした本田は2つの決定機を作り出すなど、また、DFラインの裏を取る良い動きや左からのラストパスでチャンスを作るなど、その試合でのパフォーマンスは本田の方が上であった、という事は間違い無い。

おそらくは、内容はともかく、前節のサッスオロ戦と今節のキエーヴォ戦で勝利という結果が出たので、引き続きチェルチが「4-1-2-3」の「3」の右の主力として使われる事になると思うが、今のところ、プレイの内容的には本田もチェルチも同じようであり、それどころか、ベルルスコーニ杯のインテル戦のパフォーマンスであったり、結果としては違うが、9分間で同じような仕事をやった、という事を考えれば、やはりチェルチよりも本田の方が良いのではないだろうか。そして、試合内容についてだが、ミランが良かったというよりも、やる気が無いのか、というぐらいキエーヴォのパフォーマンスというのが悪くて、特にキエーヴォの攻撃には全くクオリティが無くて、2連勝はしたが、前節のサッスオロ戦も含め、ミランが良くなっているのかどうかは半信半疑な感じだった。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/10/29 11:47】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川真司の現在地。再び輝きを取り戻せた3つの理由。 | ホーム | 岡崎慎司の現在地。ジレンマを感じる必要は無い。そのなかで自分をどう活かすのか。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3316-fe2f3cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。