スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
変化に能動的に対応する。長所を伸ばし短所を補う。個々のレベルアップが全体のレベルアップに繋がる。
GK 西川周作 東口順昭 林彰洋
DF 槙野智章 吉田麻也 丸山祐市 森重真人
DF 長友佑都 藤春廣輝 酒井宏樹
MF 山口蛍 長谷部誠 柏木陽介 遠藤航
MF 香川真司 清武弘嗣
FW 原口元気 宇佐美貴史 本田圭佑 南野拓実
FW 岡崎慎司 武藤嘉紀 金崎夢生

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
シンガポール戦とカンボジア戦が、それが問えるような試合になるかどうかはわからないが、日本代表の課題の1つと言えるのは、やはり、相手の戦い方に対して能動的に自分たちの戦い方を変えられるかどうか、という事。シリア戦では、距離間を近くする事で良くなったが、イラン戦では、距離間を近くしすぎた事が悪さの原因の1つだった。なぜそういう現象が起こるのかといえば、結局、正解は相手の戦い方次第、という事もあるからで、理想の戦い方、あるいは、正解は1つだと思っていると、袋小路に迷い込んでしまう。

そして、もう1つの課題と言えるのは、フィジカルで勝る相手に対抗するには、という事であるが、やはりそのためには、長所を伸ばし短所を補う、という事をやり続けるしかない。技術力、ある意味での攻撃性、敏捷性、それらを基礎にした、連動性、献身性、組織性、という長所。しかし、それらをより活かすためにも、あるいは、それらを活かせる流れにするためにも、フィジカル的な短所というのは出来る限り補う必要性というのがあって、しかもそれを、育成の段階からきちんとやり続ける、という事が必要になってくる。

他にも、個の部分でいえば、個々の選手それぞれに違った課題がある。技術力が不足している選手もいれば、フィジカルが不足している選手もいるし、経験が不足している選手もいる。もっと細かく、利き足ではない方の足の技術であるとか、オフ・ザ・ボールの動きの質であるとか、寄せ方やアタックとスペースを埋める守備方法の的確な判断であるとか、マークの仕方や空中戦の競り合い方であるとか、そういう課題を1つ1つ良くしていく事が、結局は全体のレベルアップに繋がる。観る側も、そういう部分をきちんと見たい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/11/07 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは上々だが得点を取るのは難しい状況。 【 レスター vs ワトフォード 】 | ホーム | シンガポール戦とカンボジア戦に向けてのメンバーについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3325-5aadb454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。