【 本田圭佑 】 今の苦しさや厳しさを打ち破る事ができれば選手として1つ上のレベルに到達できる。 【 ミラン vs アタランタ 】
試合 :セリエA 第12節
開催日:2015年11月7日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW ニアング バッカ チェルチ
MF ポリ モントリーヴォ クツカ
DF アントネッリ ロマニョーリ メクセス デ・シーリョ
GK ドナルマ

FW アドリアーノ バッカ
MF 本田圭佑 ポリ モントリーヴォ チェルチ
DF アントネッリ ロマニョーリ メクセス カラブリア
GK ドナルマ

FW アドリアーノ バッカ チェルチ
MF 本田圭佑 モントリーヴォ ポリ
DF アントネッリ ロマニョーリ メクセス カラブリア
GK ドナルマ


結局は、最初から最後まで劣勢だった試合で、パスやシュートなど、アタランタの選手のプレイの質の低さ、それから、16歳のGKであるドナルマが神憑り的なセーブを連発しなかったら、ミランは大敗していてもおかしくなかった。後半18分、クツカに代えてアドリアーノを入れ、ミランはシステムを「4-3-3」から「4-4-2」へと変更。そして、後半27分、怪我からの復帰明けで燃料切れを起こしていたニアングに代えて本田を投入。そのまま本田は「4-4-2」の左SHとしてプレイ。更には、終盤になってミランは再びシステムを「4-3-3」へと戻し、その時の本田は中盤の「3」の左でプレイした。

アドリアーノとバッカを2トップにした、中盤フラットな「4-4-2」にした場合には、サイド攻撃主体、とにかくサイドからクロス、という攻撃の形を作りたいのだが、ビルドアップのところで相手のハイプレスを受けて前にボールを運べない、それならばと縦に長いボールを蹴ってもアドリアーノとバッカの2トップがボールを収められない、という状態になってしまい、「4-4-2」は機能しなかった。やはりそこは、「4-3-3」であっても「4-4-2」であっても、ボナヴェントゥーラとベルトラッチが2人同時に不在だったのは痛かったかな、という感じで、どちらかでも存在していれば、という感じだった。

本田のパフォーマンスについては、「4-3-3」の3トップの左であればまだしも、やはり中盤フラットな「4-4-2」の左SHでは・・、という感じだったが、守備に関しては左SHでも効いていたし、全速力で戻り、CBのカバーをして、大ピンチを防ぐ要因の1つになった時のプレイというのは素晴らしかったと言える。また、「4-3-3」の中盤の「3」の左でプレイするようになってからは、少しチームを落ち着かせる事ができていたし、相手のCKからのカウンター、という決定的なチャンスも本田が作り出した。そして、そのシーンついても、最後のパスを本田に出してくれていれば・・、という事も言えた。

チェルチのパフォーマンスは上がっているが、圧倒的に良いというわけではない。ニアングについても、スタミナはこれから回復していくと思うが、突破力はあっても、最後のプレイの質には問題がある。それから、この試合のように、ボナヴェントゥーラが不在になる場合もあると思うし、ベルトラッチが不在となった場合の「4-3-3」であれば、ポリとクツカの組み合せであるよりも、本田とポリ、本田とクツカ、という組み合せであった方が、中盤の「3」は機能すると思うし、スタミナや守備力に問題があるチェルチに代えて途中から本田、というのはこれからもあると思うから、まだ本田にはチャンスがあると思う。

従って、「本田圭佑が復活するための3つポイント。」、というエントリーで書いたように、与えられた仕事を今までのようにしっかりと遂行する事、それから、フィジカル・バランスを修正したり、短所を補う事でもっと個としてのパフォーマンスを上げる事が、何よりも重要になってくると思う。香川にも苦しい時期はあったし、長友は常に厳しいポジション争いをしているし、岡崎もレスターでは再びシュツットガルト時代のように苦しんでいる。しかし、その苦しさや厳しさを打ち破る事ができれば、今の香川のように再び輝き始めたり、選手として1つ上のレベルに到達できると思うから、本田には頑張ってもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/11/09 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<皆様への質問。日本代表(ハリルジャパン)について。 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは上々だが得点を取るのは難しい状況。 【 レスター vs ワトフォード 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3327-146d6825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |