自分が何ができるか、相手に何をさせないか、という挑戦。
切り替えが重要。
チームが違えば役割も違う。
日本代表での岡崎は得点を取る主役。
マインツ時代の役割。
ただ、現時点では1つ違う事があって、
それは、戦う相手が超守備的である、という事。
もし1トップが武藤であった場合でも、
戦う相手が超守備的である、という事が違う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
小さなスペースでフリーになる。
細かい動きで相手のマークを剥がす。
小さなスペースを集団で崩すためには、
ワンタッチかツータッチ以内での連動性が必要。
イメージは、1トップがバイタルエリアの角で起点となるか、
他がバイタルエリアの角を崩している間に、
1トップがPA内でフリーになるか。
とにかく常に動きを止めないようにしたい。

SBについては、
ウイングあるいはSHの選手との連動性が重要。
外へ開けば中へ、中へ入れば外へ、
きちんとトライアングルを作り、
焦らず、しかし、常に前を向いて仕掛ける事。
相手の戦い方が超守備的である場合には、
タイミングよりも、
どの高さのポジショニングが最も適切か、という事が重要。

それから、CKなどのセットプレイを獲る、
ワンタッチかツータッチ以内でクロスを入れる、
ニアか、ファーか、マイナスか、という見極めや、
その約束事をきちんと作っておく事がポイントになる。
布石という意味でのハイクロスも有効。
また、SBのミドルシュートであったり、
SBが時にはFWのようなポジショニングをするのも有り。
あとは運動量でリスク管理したい。

幅が重要なポイントになるのは間違いない。
但し、幅だけでは意味がなく、パスのスピードが必要。
幅を取っても、各駅停車のパス回しでは効果が薄い。
縦にスイッチを入れる時だけスピードアップするのではなく、
横へのパスにも常にスピードが必要。
先制点は重要で、なるべく早い時間帯に得点は欲しいが、
前半は仕留めるパンチよりもジャブを多く打ちたい。
後半に強くなるチームを目指したい。

それから、ギア・アップ、ギア・ダウン、
そのメリハリを能動的につけられるようになりたい。
相手に守備のリズムを作らせない事も重要。
立ち上がりと、試合の終了間際。
そこでギア・アップして得点を奪い切りたい。
リベンジというよりも、挑戦。
自分が何ができるか、相手に何をさせないか、という挑戦。
挑戦する意識でプレイすれば闘志は発揮される。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/11/12 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シンガポール戦 【 個々の1つ1つのプレイを精査すれば実現性は半分だったのではないだろうか。 】 | ホーム | 本田圭佑と岡崎慎司の現在地。人が道を作り、道が人を作る。何かやる事を見つけて、その事に重要性を持たせる。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3330-cf6df5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |