スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
シンガポール戦後の長谷部誠と清武弘嗣と吉田麻也のコメントから。
「もっともっと点は間違いなく取れましたし、後半の戦い方を修正する必要はあると思います。自分たちが少し意図的にラインを下げた時に、そこからの攻撃という部分でかなり改善するところはあると思います。ボールを奪った時に前の意識がちょっと足りなかったかなと。遅攻になり過ぎました。(長谷部誠)」

自分たちが意図的にラインを下げて、相手も全体を押し上げなかった場合には、どうにもならないと言えるし、ただ、2点リードしている状況で、リスクのある戦い方をする必要も無いから、結局は、スピード感は落とさない、という部分だったと思う。そういう意味で、香川はまだできていたと思うが、やはり宇佐美と原口が、途中出場で体力的にも余裕があったのだから、入った瞬間からもっとスピード感のあるプレイをして、後ろからボールを縦に引き出し、全体的なリズムやテンポを上げるようにする必要があったと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そこではやはり、ある意味では、空気を読まないプレイというか、停滞感に飲み込まれないように、停滞しているリズムやテンポに合わさないように、というイメージができていなかったかなと。いつも書く事の1つではあるが、守備的に戦うようにするとか、ポゼッションして終わらせるようにするとか、そういう時に、絶対にギアというのは下げてはいけなくて、守備的になるとか、ポゼッションにするとか、つまり戦い方を変えるだけなので、その時に、ギアも一緒に下げてしまわないように、という事を意識する事が重要。


「本当はもっとリズムを作りたかったです。僕が下がったところでボールに触れるだけですし、長谷部さんと陽介くんが常に前を向ける状況だったので、あえて引かずに我慢し続けて真ん中にいようとは思いました。夢生くんと距離が近くなったことで、僕に入った時にワンタッチでたたける。ユニホームが破れたシーンは、破れていなかったら多分ゴールまで行けていた。ああいうワンタッチで崩せるというのはFWとの距離が近かったらプラスになるかなと思います。スペースはなかったです。数少ないチャンスで、何かできればと思っていました。(清武弘嗣)」

1つ言えたと思うのは、サイドでのトライアングルというのは、できていたシーンが多かったと思うのだが、中央でのトライアングル、つまり、長谷部と柏木と清武、あるいは、トライアングルが複数作れる、長谷部と柏木と清武と金崎のダイヤモンド、それをセンターラインのゾーンで作り、そこにスモールゾーンを作り出して、尚且つ、そこを中央のトライアングルで制する、という事ができていなかったかなと。日本のポゼッションが、なぜ世界ではまだ通じないのか、その理由の1つというのが、そこにあると思っている。

下がったらダメのではなく、下がってから上がらないのがダメなのであって、もちろん、下がらなくても良い場合には下がったらダメなのだが、相手が強くなった時には、まずは下がった位置でスモールゾーンを作り、そこを制してから、そのスモールゾーンの位置を少しずつ上げる、という方法でやれば、あるいは、それができるようになれば、ポゼッションの威力というのは上がる。但しそれは、縦に速く攻められなかった場合には、という事なので、強豪相手にどこまでポゼッションする必要があるのか、という判断は重要。


「もっともっと局面での質を上げていかなければいけないですし、細かいところを言うと本当にミスが多かったと思うので、そこは減らしていかなければいけないと思います。細かいところは足りないところだらけなので、この2次予選で多くの形を作って、自分たちの土台をしっかり作らないと。最終予選ではアジアでも強い相手と戦わなければいけなくなってくるので、まだ2次予選を突破していないですけど、そこへの準備も踏まえて戦っていかなければいけないと思います。(吉田麻也)」

細かいところの質を上げる、それから、DFに関しては、とにかくミスを減らす、という事が重要なポイントで、日本代表が更に上を目指そうとするのであれば、そこは本当に重要なポイントになっていると言える。残念ながら2次予選では、守備の時間が多くなるような試合は望めないし、相手のカウンターや個の力というのも高くないので、守備に関して云々というのはかなり難しいのだが、それでも感覚としては、今のシーンは相手が強かったら危なかった、と感じる事はあると思うので、今はその感覚を重視するしかない。

そして、そういう意味では、CBの選手がもっと欧州のリーグなどに移籍して活躍して欲しい、という事はやはりあって、今の吉田のように、日本人のCBの場合には、CBではなくSBやボランチで起用されてしまう事が多くなるかもしれないが、それでも構わないから、とにかく個の力の高いアタッカーと常に対戦できる環境に身を置いてもらいたい。そこで成功できなくても、金崎などがそうであるように、成長という事はできるし、様々な環境でやタイプの選手と戦った経験というのは、かなり貴重な財産になると言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/11/16 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<W杯を見据えた日本代表のチーム作りについて。 | ホーム | シンガポール戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。香川真司。原口元気。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3334-d7f774b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。