W杯を見据えた日本代表のチーム作りについて。
どのようなタイプの新戦力を呼ぶべきなのか、あるいは、試すべきなのか、という事については、日本の場合には、それなりに明確であるとも言えて、おそらくは、岡崎、本田、香川、長谷部、長友、吉田、というのは、次のW杯まではメンバーであり続けると思う。また、所属クラブが決まって出場機会が確保できれば川島、怪我から復帰してパフォーマンスを取り戻せれば内田、という2人についてもそうであると言える。もし仮に彼らの力が少し衰えたとしても、W杯を戦うにおいては、やはりW杯でプレイした事がある経験というのは、時として能力よりも重要になる場合があるから、控えであっても必要だと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
従って、CFであれば、岡崎ともう1人。しかし、トップ下というのは、香川と本田がいるので、あるいは、トップ下を必要としない形でやれば良い、という事もあるので、そこまで焦って新戦力を探す必要というのは無いと思う。その代わり、左サイドだけではなく右サイドも含めて、ウイングあるいはSHというのは、4人もしくは少なくても3人は新戦力が必要ではないかと思っていて、特にカウンター仕様で活躍できるウイングあるいはSHの人材というのが、やはり日本には多く必要であると思う。そして、ボランチについては、やはりW杯という事になれば、攻撃力よりも守備力の高い新戦力が必要だと言える。

アンカーを担える人材であったり、長谷部の守備力を基準として、それ以上の守備力を有する選手、というのが必要だと思う。もちろん、柏木や柴崎のようなボランチが必要無い、という事ではないが、守備力の高いボランチを軸にした方がバリエーションも増やしやすい。SBについては、長友が左右どちらでも起用できるので、新戦力は3人ではなく2人でも良いと思うし、内田が復帰してくれば、新戦力は1人でも構わないと思っている。CBについても、森重もW杯経験者であるから、余程の事が無い限りは、吉田と森重ともう1人ぐらいで良いと思うし、今のところは、その2人と槙野で良いのではないだろうか。

イメージとしては、やはり、7人で守って3人で攻める、というチームを作りたい。しかし、ブラジルW杯のギリシャ戦のような試合展開になる場合もあるので、その時のためのオプションを作っておく、という意図で、SBやCBの枚数を1枚ずつ減らすなどして、CFやウイングやSHに、システム変更ではなく選手変更で穂先を変えられる選手を確保しておきたい。試合数や集まって練習できる時間が限られている状況で、アジアでの戦いを主戦場にしなければならない状況で、次のW杯を見据えた時に、必要性の優先順位が低い選手を試している余裕は無い。新戦力は逆算して、ピースを嵌めるように探して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/11/17 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カンボジア戦 【 きちんと理解ある人たちが増えてくれれば良いのだが・・・。 】 | ホーム | シンガポール戦後の長谷部誠と清武弘嗣と吉田麻也のコメントから。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3335-883ff51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |