システマティックな攻守が躍進の鍵。 【 サンフレッチェ広島 vs オークランド・シティ 】
試合 :クラブW杯
開催日:2015年12月10日
結果 :サンフレッチェ広島勝利
スコア:「2-0」
得点者:皆川佑介 塩谷司

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 サンフレッチェ広島 】

FW 皆川佑介
MF 浅野拓磨 丸谷拓也 青山敏弘 野津田岳人
DF 清水航平 水本裕貴 千葉和彦 塩谷司 柏好文
GK 林卓人

FW 皆川佑介
MF 浅野拓磨 丸谷拓也 青山敏弘 ドウグラス
DF 佐々木翔 水本裕貴 千葉和彦 塩谷司 柏好文
GK 林卓人


前半9分、CK、ショートコーナーから野津田がミドルシュート。相手GKが弾いたこぼれ球を皆川が押し込んで先制点。時間帯、それから、前回の記事で書いたように、取り方も理想的な先制点だったと思う。野津田は前半14分に負傷で交代となってしまったが、得意なミドルシュートを積極的に放つなど、負傷するまでに見せていたパフォーマンスは上々だった。野津田がプレイし続けられていれば、もっと得点を奪えた、より楽に試合を進められた、という可能性はあったのではないだろうか。ただ、野津田との交代で入った柴崎も負傷し、その柴崎との交代で入ったドウグラスも、やはりパフォーマンスは良かった。

後半になり、相手が横幅を広く使った攻撃をしてきた事、ギアを上げてきた事によって、前半よりは苦しい時間帯もあったサンフレッチェ広島だが、後半25分、ドウグラスが上手く起点を作り、攻撃参加してきた塩谷が追加点。クロス狙いが相手DFに当たりGKの脇の下を抜ける、という幸運でもあったが、ドウグラスの好プレイ、システマティックなCB(3バックのサイドDF)の攻撃参加、という事が呼び込んだ幸運だったと思う。という事で、スコア「2-0」、ほぼ危なげないサンフレッチェ広島の勝利だった。しかし、野津田、柴崎、清水、という3人が負傷してしまった事は、とてもとても残念でならない。

次の対戦相手はアフリカ大陸王者のマゼンベ。そこで勝利する事ができれば、南米大陸王者のリバープレートと対戦する事ができる。おそらくマゼンベ戦でポイントとなってくるのは、セットプレイとミドルシュート、放り込み攻撃に対する守備、サイドの選手の得点力あるいは決定力、という事だと思う。セットプレイとミドルシュートは然りとして、ある程度は「5-4-1」で低い位置に構えながらも、出し手のところにもしっかりと強いプレスをかけるアグレッシブな守備、そしてそこから、横幅を広く使った攻撃で得点を奪う、という事。それをどれだけシステマティックに遂行できるのか、という事になると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/12/11 11:45】 | Jリーグ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 大迫勇也 】 多くの日本人選手に足りない身体能力、あるいは、多くの日本人選手に足りないフィジカル、というのは何か。 【 ブレーメン vs ケルン 】 | ホーム | セットプレイとミドルシュート。放り込み攻撃に対する守備。サイドの選手の得点力あるいは決定力。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3357-5244c1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |