勝利できた5つのポイント。アフリカ大陸王者に快勝。 【 サンフレッチェ広島 vs マゼンベ 】
試合 :クラブW杯
開催日:2015年12月13日
結果 :サンフレッチェ広島勝利
スコア:「3-0」
得点者:塩谷司 千葉和彦 浅野拓磨

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 サンフレッチェ広島 】

FW 佐藤寿人
MF 茶島雄介 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス
DF 柏好文 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 ミキッチ
GK 林卓人

FW 浅野拓磨
MF 茶島雄介 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス
DF 佐々木翔 水本裕貴 千葉和彦 塩谷司 柏好文
GK 林卓人


最初は相手の身体能力の高さに対応できなかったし、PKだったとしても・・・、というシーンもあったし、かなり危ない感じもあったが、そういう時間帯に失点しなかった事、そして、前半の途中からは少しずつ対応できるようになった事、まずはその2つが勝利のポイントになったと思う。それから、3つには、先制点と2点目がセットプレイ、CKから、という事で、これはやはり勝利の方程式にハマったと言える。普段のマゼンベを知らないので、その実力がどの程度なのかは知らないが、やはり一発勝負ならば勝敗は実力通りになるとは限らない。特にセットプレイというのは、それを覆せる力を持っている。

また、4つには、サイドの選手の得点力あるいは決定力、という事をポイントに挙げてきたが、横幅を広く使った攻撃で得点を奪う、という部分で、この試合で言えば、まずはサイドへと展開してから、前半には、柏がファーサイドでフリーになっていたミキッチにクロスを上げていれば、ミキッチがファーサイドに走り込んだ茶島にクロスを上げていれば、というシーンもあったし、後半からは修正されたが、柏のクロスがファーサイドのミキッチまで届いていれば、というシーンが何回かあった。アフリカ系のチームの守備というのは、ファーサイドに弱点がある場合が多く、やはりマゼンベにもその傾向はあった。

3点目は、得点を取った浅野はサイドの選手ではなかったが、ミキッチのクロスに対してファーから中央に入って行く動きだったし、浅野の後ろには柏もフリーで余っていた。従って、横幅を広く使った攻撃で得点を奪う、サイドの選手の得点力あるいは決定力、という事にもっと質があったならば、サンフレッチェ広島はもっと得点を奪えていた可能性もある。更には、千葉や佐々木などがアフリカ系の選手に競り合いで互角以上に戦えていた事も大きく、やはりそこも勝利できたポイントの1つとして挙げたい。次の対戦相手は日本が苦手とする南米系のリバープレートだが、システマティックな攻守で撃破したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/12/14 11:45】 | Jリーグ2015 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 香川や本田のような選手が活きているか、機能しているか、というのは、そのチームの良し悪しのバロメーターにもなる。 【 ミラン vs ヴェローナ 】 | ホーム | 【 大迫勇也 】 多くの日本人選手に足りない身体能力、あるいは、多くの日本人選手に足りないフィジカル、というのは何か。 【 ブレーメン vs ケルン 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/12/14 15:33】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3359-2401cee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |