アフリカ王者に勝利し、南米王者に善戦した事は、間違い無く素晴らしい事だったが、そのレベルをスタンダードにするためには、という事を考える事が重要。 【 サンフレッチェ広島 vs リバープレート 】
試合 :クラブW杯
開催日:2015年12月16日
結果 :リバープレート勝利
スコア:「0-1」
得点者:ルーカス・アラリオ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 サンフレッチェ広島 】

FW 皆川佑介
MF 茶島雄介 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス
DF 清水航平 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 柏好文
GK 林卓人

FW 佐藤寿人
MF 浅野拓磨 森﨑和幸 青山敏弘 ドウグラス
DF 清水航平 佐々木翔 千葉和彦 塩谷司 ミキッチ
GK 林卓人


サンフレッチェ広島は常に正しく戦えていたと思う。ではなぜ勝てなかったのか? やはり1つには個の力の差。特に、決めるべき時に決められたのか、という決定力は、当たり前だが、どうしても結果を大きく左右してしまう。そこは本当にシンプルな要素。そしてまた、個の力の差で勝てなかった、という事に対して、選手たちも、日本のサッカー界全体も、もっともっと大きく悔しさを噛み締めてもらいたいと思う。アフリカ王者に勝利し、南米王者に善戦した事は、間違い無く素晴らしい事だったが、そのレベルをスタンダードにするためには、という事を考える事が重要。そこに対する真剣さと熱がもっと必要。

そして、2つには、やはりセットプレイ。勝敗を大きく左右する要素として、難しい大会であればあるほど、よりセットプレイの重要度というのは増す。特にそれが、一発勝負の試合であったり、相手の方が実力的に上の試合であったり、あまり知らない(戦った事がない)相手との試合であったりした場合には、よりセットプレイの重要度というのは増す。やはり、実力を上げる、という事と同時に、実力的に劣っていてもどうやって勝つのか、という事を考える事も重要。なぜならば、勝利する事で得られた自信は実力に変える事もできるし、勝利する事でより高いレベルのステージで戦う事ができるようになるから。

習うより慣れろ。という事はやはり真なり。欧州や南米のチームと多く戦う事ができれば、それだけ実力というのは向上させられる。少なくとも、それによって実力が落ちる、という事は無い。そしてそれは、ACL王者(アジアの王者)として挑もうとも、開催国枠で挑もうとも、どちらでも関係無い。与えられたチャンスは活かすべきであるし、今大会のサンフレッチェ広島の戦い振りであれば、何も文句を付けられる部分は無かったと言える。Jリーグ王者としての価値を世界に示してくれたと思う。ただ、やはり悔しさというのは、もっと噛み締める必要がある。特に個の力の差については、そうであって欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/12/17 11:45】 | Jリーグ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 ロングパスから一人で本田が起点を作り2点目をアシスト。 【 サンプドリア vs ミラン 】 | ホーム | 【 香川真司 】 ピッチにどれだけ長い時間立っているのか、という事よりも、ピッチに立った時に、どれだけ高いパフォーマンスを発揮できるのか、勝利に貢献できるのか、という事の方が重要。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3362-4e5ca501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |