日本サッカーのアイデンティティの確立とは?
自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。アイデンティティとはそういう事であるらしい。ただ、個人的には、アイデンティティという言葉の意味としては、民族性、というイメージが強い。例えば、ある民族が他民族に征服され、その他民族の民族性を押し付けられた時に、それでも被征服側の民族は自己の民族性を失わないようにする、という事。被征服側の民族は、我々は征服側の民族ではなく、異なる民族である、という事に、強い誇りを持ち続ける、という事。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
つまり、もしそうであるとしたならば、日本サッカーのアイデンティティの確立の「アイデンティティ」というのは、何を指し示しているのだろうか? スピードとテクニックで勝負する、組織的に戦う、ハードワークする、という事だろうか? ただ、どのような戦い方であっても、それを日本人で行う場合には、その全てが日本サッカーのアイデンティティなのではないだろうか? また、スピードとテクニックで勝負しないタイプの選手は、日本サッカーのアイデンティティには合わない、と除外すべきなのだろうか?

ハリルホジッチは、「W杯本大会で日本フットボールのアイデンティティを見せたい。選手の長所をベースにし、現代フットボールに適応させる。」、という発言をしていた。W杯本大会で日本フットボールのアイデンティティを見せる、とはどういう事だろうか? つまりそれは、良い結果を出す事で、あるいは、結果はどうあれ強さを見せる事で、日本のサッカーの存在を世界に顕示する、という事であり、特定のスタイルや戦い方において、これが日本のサッカーであると示す、という事ではないのではないだろうか。

選手の長所をベースにし、というのは、特定のスタイルや戦い方を示していないし、現代フットボールに適応させる、というのは、環境や時間の変化にかかわらず、という事に合致しない。そもそもとして、勝たなければならない、という事が大前提にある以上は、環境や時間の変化に対応する、という事が必要になる。勝つためにアイデンティティを確立させるのか? もしくは、アイデンティティを確立させるために勝つのか? 個人的には、アイデンティティの確立というのは、後者の方なのではないかと思っている。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/12/25 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 難しい試合だったがネガティブになる必要はないと思う。 【 リヴァプール vs レスター 】 | ホーム | 澤穂希の引退。サンフレッチェ広島の3位とバルセロナの優勝。モウリーニョとグアルディオラの退任。批評するという事。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3369-008e5012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |