【 岡崎慎司 】 難しい試合だったがネガティブになる必要はないと思う。 【 リヴァプール vs レスター 】
試合 :プレミアリーグ 第18節
開催日:2015年12月26日
結果 :リヴァプール勝利
スコア:「1-0」
得点者:ベンテケ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ 岡崎慎司
MF アルブライトン カンテ キング マレズ
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK シュマイケル

FW ウジョア マレズ
MF ダイアー カンテ キング アルブライトン
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK シュマイケル

FW ウジョア クラマリッチ
MF ダイアー カンテ キング アルブライトン
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK シュマイケル


前半は、リヴァプールの流れになるかな、と思うとレスターが少し押し返し、という事が繰り返され、どちらが勝つのか、という事については、リヴァプールが55%、レスターが45%、という感じだったのだが、後半になると、レスターが危ないかな、という雰囲気が強くなり、後半18分、レスターは先制点を奪われてしまった。どのあたりで、レスターが危ないかな、と感じたのかといえば、それは中盤の攻防の部分で、個人的には、後半10分ぐらいから、選手交代なりシステム変更なりをした方が良いと感じていた。

ただ、現在のレスターの控えであると、インレルはフィットしていないので、MFとしてはダイアーぐらいしかおらず、また、ダイアーを入れるとしても、誰と交代させるべきなのか、という事は難しかった。そういう状況の中で、ラニエリがやった交代采配は、後半24分、ヴァーディと岡崎に代えてウジョアとダイアー、そして、ウジョアとマレズの2トップ、右SHにアルブライトン、左SHにダイアー、という布陣への変更だった。しかし、それだと中盤に良い変化は起こらず、試合はそのままスコア「1-0」で終了。

後半35分にはマレズに代えてクラマリッチを入れたが、やはり良い変化は起こらなかった。個人的には、マレズに代えてダイアーを入れ、ヴァーディの1トップ、2列目に左から、アルブライトン、カンテ、ダイアー、岡崎、そして、アンカーにキング、とした「4-1-4-1」にするのも良かったのではないかと感じた。2列目には運動量のある選手が並ぶので、それで中盤を活性化させる、という方法も有りだったのではないかなと。また「4-1-4-1」の方が攻守において対リヴァプールとしては良かったかなと。

岡崎のパフォーマンスについては、スタメン出場し、後半24分までのプレイとなったが、相手の激しい守備、それから、なかなかFWに良いパスが配給されなかった、という事もあったし、ヴァーディと共に、かなり苦戦していたと思う。体を張ってロングボールのターゲットとなる、という部分については頑張っていたが、それ以外のプレイで、どうやったらチャンスを作れるのか、という事は難しかったのではないだろうか。ただ、ヴァーディとマレズとの関係は良くなっているので、ネガティブになる必要はないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/12/27 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2015年も御愛読ありがとうございました。 | ホーム | 日本サッカーのアイデンティティの確立とは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3370-9fba4e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |