今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2015年も御愛読ありがとうございました。
何年も応援してくださっている皆様、それから、2015年から新たに応援してくださっている皆様、今年も、本当にありがとうございました。多くの皆様に支えられ、2015年もこのブログを継続させられました事に、心からの感謝を申し上げたいと思います。読者の皆様に、楽しんでいただく、喜んでいただく、賛同していただく、という事だけではなく、日本のサッカーを取り巻くあらゆる環境の発展と改善に寄与したい、更には、サッカーというエッセンスから正しい社会の在り方を考えたい、そういう意図を持って続けているブログではありますが、微々たるものであっても、もし貢献できていたら幸いであります。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
早速ですが、今年の日本サッカー界を表す漢字一文字は、「再」、にしたいと思います。Jリーグは再びチャンピオンシップを開催。それがJリーグ再興のきっかけとなるかどうか。日本代表は、ザックジャパンが2014年のブラジルW杯でグループステージ敗退となり、アギーレジャパンが2015年のアジアカップでベスト8という成績に終わり、3月からは新たにハリルホジッチが監督に就任したが、再び輝きを取り戻せるかどうか。2015年は、アジア相手、あるいは、アジアの格下相手との試合が主であったので、まだハリルホジッチの真価は発揮されていないと思う。W杯仕様のチームを作り上げられるかどうか。

香川真司はドルトムントで再び光を放つようになった。岡崎慎司はプレミアリーグでブンデスリーガの時のように再び輝きを見せられるかどうか。長友佑都はインテルで再び活躍し始めている。本田圭佑はインザーギ時代の序盤と終盤に見せた輝きを再び取り戻せるかどうか。内田篤人の再始動はいつか。清武弘嗣は再び所属クラブが降格となってしまうのか。酒井高徳はハンブルガーへと移籍し、再びラッバディア監督の下でプレイしている。乾貴士はエイバルへ移籍し、再び活躍できるか、再び代表に招集されるようになるか。また、宇佐美の海外再挑戦も噂されている。とにかく、再びが表層するような年だったと思う。

さて、2016年はどうなるだろうか? おそらく、再びの結果、あるいは、再びの経過と変化が見られる年になると思う。そしてそれが、全て良いものであればと願う。JリーグではACLでの優勝に期待したいし、日本代表ではW杯へ向けての明るい光を見せて欲しい。ハリルホジッチの真価が見られる年になるかはわからないが、縦に速いサッカーがより成熟してくれると嬉しい。海外組については、岡崎慎司、本田圭佑、それから、行くのであれば宇佐美、宇佐美と同世代の大迫勇也と原口元気と山口蛍、更には、フィテッセに移籍する太田宏介、などが特に気になるところ。また、やはり五輪サッカーに期待したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/12/31 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<勝負弱さはどこから生まれるのだろうか? | ホーム | 【 岡崎慎司 】 難しい試合だったがネガティブになる必要はないと思う。 【 リヴァプール vs レスター 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3371-48fa7a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |