サウジアラビア戦(Uー23) 【 プレッシャーを感じないようにするのではなく、プレッシャーを感じながらどう勝つのか。 】
試合 :AFC Uー23選手権 グループB 第3戦
開催日:2016年1月19日
結果 :Uー23日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:大島僚太 井手口陽介 マドゥー(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW   中島翔哉   オナイウ阿道   南野拓実
MF       井手口陽介   大島僚太
MF           三竿建斗
DF   山中亮輔 奈良竜樹  植田直通 松原健
GK           杉本大地

FW        浅野拓磨  久保裕也
MF   中島翔哉            南野拓実
MF        大島僚太  井手口陽介
DF   山中亮輔 奈良竜樹  植田直通 亀川諒史
GK           杉本大地


どのような結果でも首位通過が決まっていた日本。メンバーを大幅に入れ替え、システムも「4-4-2」ではなく「4-1-2-3」で試合に入ったが、日本がスコア「2-1」で勝利した。収穫としては、三竿、井手口、大島、という中盤3人の攻守におけるバランスが良く、そこは、三竿→遠藤、井手口→原川、大島→矢島、と入れ替えても同じように機能すると思うので、「4-4-2」だけではなく「4-1-2-3」も使える可能性が見えた、という事が1つ。相手の分析を難しくする、という意味でも良かったと思う。

それから、三竿、井手口、松原、杉本、という4人のパフォーマンスが、及第点かそれ以上であった事も、1つの収穫だったと言えると思う。もちろん、それぞれまだパフォーマンスを上げられる余地は残っているが、現時点では合格点だったと言えるのではないだろうか。また、北朝鮮戦やタイ戦では、あまり良いパフォーマンスではなかった大島と南野が、それぞれ得点とアシストという結果を出せた事も、やはり収穫の1つかなと。南野については、まだ6割ぐらいという感じだが、更に良くなる可能性というのは感じられた。

そして、課題としては、あのPKについてはともかく、危険な位置でのファールが多い、という事が1つで、やはり、タイ戦の戦評でも書いたように、その1つの原因は相手の縦パスに対する反応が遅い、という事であって、そこの集中力と判断の精度とスピードを上げる事、それが特にDFの選手には必要だと思う。それから、そこに関しては、攻撃なポジションの選手たちが、縦パスを入れさせないように、精度のある縦パスを入れさせないように、ファースト・ディフェンスのクオリティを上げる、という事も必要だと言える。

という事で、決勝トーナメント進出、首位通過、という事は、この試合の前に決まっていたが、これで日本はグループステージを3連勝、という素晴らしい結果で終える事ができた。ただ、グループステージで良い結果を出せても、それで五輪への出場権を得られたわけではないし、負けたら終わりという状況で、あと2試合は勝たなければ五輪への出場権は得られない。特に準々決勝は負けたらそこで完全に終わってしまう。首位通過できた事で、開催国であるカタールとの対戦は避けられたが、それでも準々決勝の相手はイラン。

五輪を目指すメンバーには、どのような選手たちを選ぶべきなのか、という事について、とにかくまず第一は戦える選手、それから、個の力でチームを勝利に導ける選手、という事を言ってきた。競り合いで負けているようでは、テクニックも活かされない。また、チームとして練習や試合ができる時間はとても少ないから、組織力、連携力、という部分に依存し過ぎてしまうと、勝負強さというものが生まれない。プレッシャーを感じないようにするのではなく、プレッシャーを感じながらどう勝つのか。真の強さを見せて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/01/20 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サウジアラビア戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。中島翔哉。南野拓実。井手口陽介。大島僚太。三竿建斗。山中亮輔。松原健。奈良竜樹。植田直通。杉本大地。浅野拓磨。亀川諒史。久保裕也。 】 | ホーム | 【 本田圭佑 】 勝利のためには必要な選手であるという評価が高まっている。 【 ミラン vs フィオレンティーナ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3383-4bbc4cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |