スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウイング論。より多様性のあるポジションへ。より境界線の薄いポジションへ。
理想的なウイングの選手とは? 実は、あまりそれは無いのではないかと思う。正確には、あまりそれは無くなってきたのではないかと思う。スピードがある、ドリブルが上手い、つまり、個としての突破力がある、というのは、もちろんそうなのだが、ウイングというポジションは、そこまで画一的ではなくなってきていて、ストライカー・タイプの選手をそこで起用したり、司令塔タイプの選手をそこで起用したり、ダイナモ・タイプの選手をそこで起用したり、という事も有りになってきている。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
結局は、他の選手たちとの組み合せ、そのバランスであったり、または、相手による、その時にどのような結果を得たいのかによる、という事の方が大きくて、センターラインもしくは守備的なポジションと比べると、かなり多様性があるのではないかと思う。ただ、1つ確実に言える事は、他の攻撃的なポジションでもそうであるように、やはりウイングというポジションであっても、より守備力が必要となってきている、より守備に献身的である事が求められるようになっている、という事はある。

戦い、というのは、それが洗練されていくにつれて、よりダメージを少なくする、攻撃はより効率的にする、つまり、より「守」と「長さ」で優れた方が勝つ、という流れが普遍的にあり、やはりサッカーも例外とは言えない。もちろん、それを打ち破っていくためには、より「攻」と「短さ」の巧みさや強さが必要なのだが、それは限定された状況下であったり、あるいは、相手よりも戦力的に優っている場合に必要となってくるもので、やはり優先されるのは、「守」と「長さ」、という事になる。

それから、ポゼッションとウイングの関係性については、相手のプレスをかわすための逃げ場、相手の守備を横に広げるための起点、相手の守備をダイアゴナルな動きで崩すためのアタッカー、という3つの役割がウイングにはあって、それがポゼッション・サッカーの生命線の1つであるのは間違い無い。しかし、最近は、その役割をウイングが担う、または、ウイングだけが担う、という事から、SBにもその役割を担わせる、または、ウイングとSBの連携によって担う、という事が増えてきた。

つまり、守備負担の差、それに伴う必要とされる守備力の差、というのは当然あるが、ウイング、SH、SB、あるいは、ウイングバックまで含めて、そこにある境界線というのは、どんどんと薄くなってきていると言える。もちろん、完全に同一化される、という事は無いが、求められる能力や役割というのは、どんどんと近くなってきていると言える。しかし、そこも、味方選手の組み合せや相手の戦い方や求めたい結果による、という事の方が大きくて、専門的である事が求められる場合もある。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/12 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<皆様への質問。リオ五輪代表(手倉森ジャパン)について。 | ホーム | Jリーグのスプリントの回数と距離についての考察。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3405-9adeb611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。