【 本田圭佑 】 久々の得点はスーパーロング弾。守備でも貢献しつつ1ゴール1アシストの大活躍。 【 ミラン vs ジェノア 】
試合 :セリエA 第25節
開催日:2016年2月14日
結果 :ミラン勝利
スコア:「2-1」
得点者:バッカ 本田圭佑 チェルチ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW バッカ ニアング
MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッチ モントリーヴォ 本田圭佑
DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス デ・シーリョ
GK ドナルマ

FW バロテッリ
MF メネズ
MF ボナヴェントゥーラ ベルトラッチ ポリ 本田圭佑
DF アントネッリ ロマニョーリ アレックス デ・シーリョ
GK ドナルマ


連携力が生まれ、スムーズな攻撃を展開するミランが前半5分に先制点。CKの流れから、オフサイド・ポジションにいなかった本田が、ゴールラインのギリギリのところでボールに追い付き、左足で質の高いクロス。それをバッカが決めての得点だった。まだ連携が合わないシーンもあるが、それは個の判断力と技術力に起因するもので、意識としての連携力というのは、かなり高くなったと言える。この試合では、ニアングがいつもより周囲を使う事を意識してプレイしていたり、バッカが本田が空けた右サイドを守備でカバーしたりと、試合を重ねる度に連携の意識が良くなっている。

そして、後半19分、待望の本田の得点が生まれた。距離は遠かったが、中央でフリーでボールを受けた本田が左足を一閃。無回転気味のロングシュートは大きく曲がって落ち、ワンバウンドしてゴールマウスのサイドに吸い込まれた。これで本田はこの試合で1ゴール1アシスト。後半47分に1点は返されてしまったが、本田の1ゴール1アシストで2得点を奪ったミランが、スコア「2-1」での勝利を収めた。何回かのボールロストがあっても、守備で高い貢献をしつつ、1ゴール1アシストという結果を出した本田は、間違い無く満点に近いパフォーマンスだったと言えると思う。

以前にも書いたが、連携力があってこそ個としても活躍できるような、本田のようなタイプの選手が個としても活躍できているという事は、そのチームが上手く機能している証拠であり象徴。また、何よりも嬉しいのは、そうなるきっかけを作ったのが本田である、という事で、まさに今は、10番を背負う本田が、ミランというチームの軸になっていると言える。これで、前2枚の起点力がもっと高くなったり、ボランチの守備力がもっと高くなったり、バロテッリ、ボアテング、メネズ、ポリ、などのパフォーマンスがより高くなれば、CL圏内へと滑り込める可能性も高くなると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/15 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 不必要なファールによってレスターが自滅。岡崎のパフォーマンスは良かったと思う。 【 アーセナル vs レスター 】 | ホーム | 【 香川真司 】 まだ全ては想定の範囲内。ザワザワする必要は無いと思う。 【 ドルトムント vs ハノーファー 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3408-8d40303d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |