敗因は3つ。城福監督とFC東京はACL仕様の戦い方を身に付けられるのか。 【 全北現代 vs FC東京 】
試合 :ACL グループE 第1戦
開催日:2016年2月23日
結果 :全北現代勝利
スコア:「2-1」
得点者:コ・ムヨル イ・ドングク 阿部拓馬

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 FC東京 】

FW 前田遼一 阿部拓馬
MF 東慶悟 米本拓司 橋本拳人 水沼宏太
DF 駒野友一 丸山祐市 森重真人 徳永悠平
GK 秋元陽太

FW 前田遼一 バーンズ
MF 阿部拓馬 幸野志有人 米本拓司 河野広貴
DF 徳永悠平 丸山祐市 森重真人 橋本拳人
GK 秋元陽太


敗因は、パワー負けして押し込まれて、押し返せなかった事。駒野が負傷して、SBが、左SB駒野、右SB徳永、から、左SB徳永、右SB橋本、となった時に、両サイドの守備力というのが下がってしまった事。そして、決定力を欠いた事。その3つだったかなと思う。まず、パワー負けして押し込まれて、押し返せない、というACLではありがちな展開になった時に、どう戦うのか? フィジカルの戦いで苦戦している選手を交代させる、という事もそうだし、サイドとロングボールを上手く使いながら、少しずつ押し返すように戦う、という事をやれるようになる必要もあると思う。

それから、サイドの守備、という事については、相手がサイドからの攻撃を得意としているならば、やはりそれへの対策というのはしっかりとやるべきで、横幅を4枚で守れないならば、MFを横5枚にするなり、DFを横5枚にするなどして、きちんとそれに対応できるようにする。もしくは、サイドでの守備はある程度捨てて、主に中央で守るのであれば、コンパクトとラインコントロールをしっかりやり通して、絶対、中央にはスペースを空けない、中央のスペースは使わせない、という事をやる。ただ、どちらにしても、対人のところで負けていたらやられる、というのは変わらない。

そして、攻撃に関しては、1点は返せたし、決定力があれば、2点、3点、と取れていた可能性も高かったので、特に大きな問題というのは無かったと思う。ただ、個の決定力が低ければ、いくらチャンスを作ったとしても、いくら良い攻撃をしたとしても、やはり得点というのは取れないし、ACLのような厳しい試合となれば、チャンスを多く作れない、なかなか良い攻撃ができない、という事の方が多くなると思うから、やはり決定力というのは勝敗を大きく分ける要素となってくる。極端に言えば、内容よりも、最後のところで決めれるのか防げるのか、という事を重視した方が良い。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/24 00:03】 | Jリーグ2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 守備面だけではなく攻撃面でも本田の個の能力は成長している。 【 ナポリ vs ミラン 】 | ホーム | 【 太田宏介 】 まずはコミュニケーション。そして攻守のプレイのレベルアップが必要。 【 デ・フラーフスハップ vs フィテッセ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3417-48c9338f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |