【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 厳しいチーム状態だが、清武がやるべきプレイとは何か? 【 ハノーファー vs アウグスブルク 】
試合 :ブンデスリーガ 第22節
開催日:2016年2月21日
結果 :アウグスブルク勝利
スコア:「0-1」
得点者:ク・ジャチョル

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ハノーファー 】

FW ソビエフ
MF カラマン サン プリブ ベック
MF ホフマン
DF アルボルノズ ミロセビッチ ギュルセラム 酒井宏樹
GK ツィーラー

FW アルメイダ ソビエフ
MF カラマン 清武弘嗣 ベック
MF サン
DF アルボルノズ ミロセビッチ ギュルセラム 酒井宏樹
GK ツィーラー


なんでもないようなパスをミスしてしまうとか、簡単にボールを奪われてしまうとか、守備でも攻撃でも意思疎通が悪いシーンが散見されるとか、そういう状態では、やはり勝点というのは積み上げられないかなと。また、ハノーファーは近年ずっと右サイドの守備が弱くて、新たなボランチやCBを獲得しても改善されないし、右SBの酒井宏樹にも大きな成長というのは見られないし、そういう部分を考えても、かなり難しいチーム状態に陥ってしまっている、という感じが強くする。

1点ビハインドで迎えた後半、ハノーファーはプリブとホフマンに代えてアルメイダと清武を入れ、「4-1-4-1」から「4-1-3-2」へと布陣を変えたが、清武が時折り可能性のある攻撃を作るだけで、きちんと機能していたとは言い難い。攻撃は、やはりシュティンドルが抜けてしまった影響が大きく、清武が1人で攻撃を作る役割を担う、清武が中盤の低い位置で多くプレイしなければならなくなる、という事になってくると、これから先も厳しくなるのではないだろうか。

それから、ロングボールを多く使う攻撃するにしても、その場合には、なるべく清武は前でプレイさせる、この試合の「4-1-3-2」であれば、トップ下には他の選手を入れて、清武は2トップの1枚としてプレイさせる、という方が良いと思う。もちろん、左SHや右SHよりも、やはり2トップの1枚であった方が良いと思う。清武という選手は、守備は当然やらなければならないが、あまりバランスを意識させると攻撃の時にアグレッシブさが極端に落ちてしまうので良くない。

例えば、この試合でも、足元に受けて展開、または、スルーパス、ラストパス、というプレイには良さを見せていたが、前に走ってボールを引き出す、DFラインの裏へ走ってボールを引き出す、という事をやった方が良いシーンでも動いていなかったし、とにかくオフザボールの動きで攻撃を活性化させる、スペースメイキングして全体を動かすようにする、という事が現在のハノーファーの攻撃には必要であるから、それを清武にやってもらうためにも、清武はFWの方が良いと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/25 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 個としての乾のパフォーマンスは良かったが結果は敗戦。 【 セルタ・デ・ビーゴ vs エイバル 】 | ホーム | 今季はミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーに進化を望みたい。 【 浦和レッズ vs シドニーFC 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3420-88e47528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |