【 乾貴士 】 個としての乾のパフォーマンスは良かったが結果は敗戦。 【 セルタ・デ・ビーゴ vs エイバル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第25節
開催日:2016年2月20日
結果 :セルタ・デ・ビーゴ勝利
スコア:「3-2」
得点者:ギデッティ カストロ ギデッティ ベルホン(PK) 乾貴士

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW バストン
MF 乾貴士 ゴンサレス エスカランテ ホタ
MF ラドシェヴィッチ
DF ジュンカ アンソテギ ドス・サントス リジョ
GK リエスゴ

FW エンリヒ
MF 乾貴士 ホタ ベルホン
MF ゴンサレス エスカランテ
DF ジュンカ アンソテギ ドス・サントス カパ
GK リエスゴ


相手の出足がとても良くて、むしろ、そういう部分で相手を上回って勝ってきたのがエイバルなので、かなり苦しい試合展開だった。ただ、それでも何とか耐える守備に期待したのだが、結局は、前半31分と前半39分に失点。攻撃も相手の強いプレスを受け続け、ほとんど形を作れず、乾が左サイドから右足のアウトサイドでクロス、という1回ぐらいしかエイバルの得点チャンスは無かった。

そして、後半になってもその流れは変わらず、後半24分に3失点目。ただ、後半の途中からは、さすがに相手のプレスも弱くなってきて、乾が左サイドから左足でクロスを入れてチャンスを作るなど、やっとエイバルの攻撃にも可能性が生まれ始めると、後半39分、シュートが相手の手に当ってPKを獲得、そのPKを途中出場のベルホンが決めて、ようやくエイバルは1点を返す事ができた。

更には、後半42分、乾が左サイドから中へと切り込みシュート。無回転気味のボールが途中でクイッと曲がってゴールマウスに吸い込まれた。しかし、エイバルの反撃もそこまで。試合はスコア「3-2」でエイバルの敗戦、という結果に終わった。かなり相手の出足が良くて、それが後半の途中ぐらいまで続いたので、それをどう打開するのか、というのは、かなり難しかったのではないかと。

ただ、それに対して真正面から戦ってしまったかな、というのはあって、もう少し守備の設定位置を下げ、「4-5」でしっかりとした守備ブロックを作り、前半を1失点で折り返す事ができていれば、という事はあったかなと。これまでの傾向から、相手は後半の終盤になるとガス欠を起こして失点が多くなる、という事はわかっていたと思うし、アウェイでもあったし、そこがどうだったのか。

乾については、なかなかボールは来なかったが、前述もしたように、可能性のあった2回のチャンスを作ったのは乾だったし、素晴らしいシュートで得点も決めたから、個としてのパフォーマンスというのは良かったと思う。ただ、チーム状態というのは少し下降気味なので、それを救うためには、もう少し守備や中盤での仕事を多くする必要もあるし、もう少し連携も良くする必要があると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/26 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川真司とトップ下と「4-1-2-3」と「4-2-3-1」とカウンターとポゼッションとトゥヘル。 | ホーム | 【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 厳しいチーム状態だが、清武がやるべきプレイとは何か? 【 ハノーファー vs アウグスブルク 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3421-3a79627e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |