香川真司とトップ下と「4-1-2-3」と「4-2-3-1」とカウンターとポゼッションとトゥヘル。
マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前のドルトムント時代に香川がトップ下として活躍できた理由の1つは、やはりバリオスやレヴァンドフスキのような、ポストプレイに秀でているCFが存在していたから。それから、それほどまだ警戒されていなかった、それほどまだ香川という選手の特長が相手に把握されていなかった、という事もあって、バイタルエリアで自由にプレイさせたら危ない、しかし、フィジカルでガツガツやるような守備対応をすれば割りと簡単に封じられる、という事が認知されるようになってからは、トップ下での香川というのはあまり活躍できなくなった。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
マンチェスター・ユナイテッド時代も、バイタルエリア付近の守備に弱さがある格下相手や、強豪でも香川に対して警戒しなかった相手には活躍したが、そうではない相手にはあまり活躍できなかった。また、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前のドルトムント時代には、香川はトップ下で活躍できていたが、しかし、その時でも、少し下がってボランチに近い位置でまずはボールに触り、ダブルボランチ+香川で攻撃を組み立ててCFやサイドへとボールを展開して、そこからバイタルエリアやゴール前へ入って行く、という動きができていた時に、香川というのは活躍していた。

得点シーンだけ見ると、バイタルエリアやゴール前でプレイする香川だけを見る事になってしまうし、または、鋭い縦パスをバイタルエリアやPA付近で受けて、そこからアシストや得点、というプレイが数回ぐらいはあって、それがあまりにも鮮やかなので、その印象がどうしても強く残ってしまうのだが、実際には、アタッキングサードの外側ぐらいからプレイをスタートさせた方が、香川という選手は活躍する場合が多い。そもそもとして、若い時から、香川というのはそういう選手だった。だから、ユース世代の時には、DF登録だった時もあったし、ボランチでもプレイしていた。

従って、そこで見つけたのが「4-1-2-3」の「2」というポジションで、日本代表でアギーレがそこのポジションで起用したところからスタートし、トップ下でもボランチでもないポジション、あるいは、トップ下でもボランチでもあるポジション、アタッキングサードの外側ぐらいからプレイをスタートさせ、そこからバイタルエリアやPA内へと入って行けるポジション、という事が香川の特性にピッタリとフィットし、それ以降、香川は復活する事ができた。それから、トゥヘルがポゼッションサッカーを取り入れた事も、ドルトムントに復帰してからの香川にはプラスだった。

ただ、そもそもとして、トゥヘルは完全にポゼッションサッカーへと移行したわけではなく、クロップのゲーゲンプレスとカウンターのサッカー、そこにポゼッションサッカーも、というプラスαであったから、主に堅守カウンターで戦う時には、「4-1-2-3」ならば香川はゼロトップ的なCFで、「4-2-3-1」ならば香川はトップ下で、という事になってくる。問題というのは、その時でも、香川は「4-1-2-3」の「2」の時と同じような感じでプレイすれば良いのだが、香川がそれをできるか、という事と、トゥヘルがそれを良とするのか、という事であると言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/27 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<以前までとは異なって守備をしっかりしてきた川崎フロンターレが勝利。 【 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 個としての乾のパフォーマンスは良かったが結果は敗戦。 【 セルタ・デ・ビーゴ vs エイバル 】>>
コメント
香川評は納得ですね。ブラジルW杯の時もそんな感じでしたね
【2016/03/01 10:42】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3422-d5f4ccdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |