個のプレイのちょっとしたクオリティの部分が勝敗の明暗を分ける事も多い。 【 FC東京 vs 大宮アルディージャ 】
試合 :J1リーグ 第1節
開催日:2016年2月27日
結果 :大宮アルディージャ勝利
スコア:「0-1」
得点者:岩上祐三

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 FC東京 】

FW 阿部拓馬 前田遼一
MF 東慶悟 梶山陽平 米本拓司 水沼宏太
DF 徳永悠平 丸山祐市 森重真人 橋本拳人
GK 秋元陽太

FW 阿部拓馬 前田遼一
MF 中島翔哉 田邉草民 米本拓司 河野広貴
DF 徳永悠平 丸山祐市 森重真人 橋本拳人
GK 秋元陽太

攻撃については、やり方が悪い、という感じはなくて、結局、昨季も武藤が移籍してから苦しくなった、という事があったように、個のプレイのクオリティの部分なのだと思う。そこで1つパスが通れば、そこできちんとクロスをヘディングできていれば、という感じで、とにかく、そこで1つクオリティのあるプレイができていれば・・・、というシーンが多かった。そして、それは守備でも同じで、個で防げる力とか、戻り切れる力とか、ビルドアップでミスをしない力とか、やはり、そういう部分。

FC東京というチームはいつもそうなのだが、メンバーだけ見れば、元日本代表とか、元アンダーカテゴリーの日本代表とか、現在の日本代表である森重やリオ五輪アジア予選で活躍した中島以外にも、そういう選手が揃っているのだが、元日本代表選手は全盛期を過ぎていたり、元アンダーカテゴリーの選手はその後に伸び悩んでいたり、個の力という部分で、もう1つレベルが足らない選手が多い。やはり、そこにしっかりと手を入れて、まずは個の力、という事をやらないと袋小路に嵌まると思う。


【 大宮アルディージャ 】

FW 家長昭博 ムルジャ
MF 泉澤仁 横山知伸 岩上祐三 ペチュニク
DF 沼田圭悟 河本裕之 菊地光将 和田拓也
GK 塩田仁史

FW 家長昭博 金澤慎
MF 大屋翼 横山知伸 岩上祐三 横谷繁
DF 沼田圭悟 河本裕之 菊地光将 和田拓也
GK 塩田仁史

しっかりとした守備組織を作って、外国籍選手と家長で攻撃を、という事がきちんと確立されているのかな、という印象だった。ただ、J1の上位クラブと比べた時には、やはり、個の力というのは不足していると思うので、どれだけ粘り強い戦いを続けていけるのか、という事が鍵になってくると思う。降格したり低迷したりするクラブでも、組織的な戦い方、というのはきちんとできている場合も多く、ところが、やはり個のクオリティの部分で・・・、という事で勝点を逃してしまうケースが多い。

突出した個がいなくても、ひとり一人の個の力を少しでも高めて、それでチームとしての総合力を上げる、という事が重要で、結局はそれが、勝点を逃さないチームにできる最短距離であると言える。FC東京もそうだが、ちょっとしたプレイのクオリティ、そこの差が結果の明暗を分ける事も多く、J2からJ1に昇格してすぐにJ1で優勝、というチームもあるが、そういうチームはそもそもとしてJ1でもプレイできる選手が多く揃っている、というケースで、そこからも察する事ができると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/02/29 00:09】 | Jリーグ2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 勝ち切りたいというラニエリの采配が見事に成功。岡崎のパフォーマンスも上々だった。 【 レスター vs ノーウィッチ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 ピッチ・コンディションに苦戦も、それだけにあらず。 【 エイバル vs ラス・パルマス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3425-59d34e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |