オーストラリア戦(女子) 【 戦い方も攻撃も守備も問題有りだったと思う。 】
試合 :リオ五輪アジア最終予選 第1戦
開催日:2016年2月29日
結果 :オーストラリア代表勝利
スコア:「1-3」
得点者:デバンナ ヘイマン 大儀見優季 ゴリー

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         大儀見優季 大野忍
MF    中島依美           川澄奈穂美
MF         宮間あや 阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           山根恵里奈

FW        大儀見優季 岩渕真奈
MF    宮間あや           横山久美
MF         川村優理 阪口夢穂
DF    中島依美 熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           山根恵里奈


対オーストラリアという事で言えば、オーストラリアが元気な間は押されるので、または、押されていなくても、元気な間はミスが少なかったり決定力が高くなるので、その間は、相手のスタミナを削る事+守備重視、という戦い方をした方が良いと思う。ただ、2失点目というのは審判に当たるという不運もあったし、1点は返したから、前半の結果というのは悪くなかったかなと。従って、後半に2点目や3点目を奪えなかった事と、3失点目をしてしまった事と、そこが結果としては問題だったと思う。

攻撃については、鮫島のクロスに阪口、というシーンもそうだったし、得点シーンもそうだったように、サイドで押し込んで相手の守備を深い位置まで下げさせマイナスのクロス、というパターンを、もっと徹底的に狙うべきだったと思うし、そのパターンをもっと形として作っておくべきだったかなと。守から攻へと切り替わった時に、もっとスタート・ポジションとして2トップがサイドで、という事もそうだったし、攻撃時に、もっと速くSHがサイドの高い位置を取る、という事も必要だったと思う。

守備については、1失点目は相手が良かった、2失点目は不運だった、という事で仕方ない部分もあったと思うのだが、3失点目については、得点を決めたゴリーを完全にフリーにしてしまったので、なぜそうなってしまったのか、という事を確認し、きちんと次の試合までには修正しておいてもらいたい。後は、やはり1対1や球際のところで負けない事、そこの部分でもっと激しくやる事、という部分だったと思う。まだ気持ちが戦闘モードに入っていなかったのではないか、という事も少し感じられた。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/01 00:10】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 攻守共に高いパフォーマンスを見せた本田。チームも完全に機能し始めている。 【 ミラン vs トリノ 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 勝ち切りたいというラニエリの采配が見事に成功。岡崎のパフォーマンスも上々だった。 【 レスター vs ノーウィッチ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3427-1420994e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |