中国戦(女子) 【 なぜ歯車は狂ったのか? ゼロからやり直すような気持ちで残りの試合を戦ってもらいたい。 】
試合 :リオ五輪アジア最終予選 第3戦
開催日:2016年3月4日
結果 :中国代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:ジャン・ルイ グー・ヤーシャ 横山久美

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        大儀見優季  横山久美
MF    宮間あや            中島依美
MF         川村優理  阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 田中明日菜 近賀ゆかり
GK            福元美穂

FW        大儀見優季  岩渕真奈
MF    横山久美            中島依美
MF         宮間あや  阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 田中明日菜 近賀ゆかり
GK            福元美穂

FW        大儀見優季  高瀬愛実
MF    横山久美            岩渕真奈
MF         宮間あや  阪口夢穂
DF   川澄奈穂美 熊谷紗希 田中明日菜 近賀ゆかり
GK            福元美穂


川村のパスにも問題はあったが、やはり、あのようなシーンでは絶対に人任せにしてはならない、ぶつかっても構わないから行く、というのがセオリー。また、当然、日本は勝点3が必要ではあったが、2失点をしてしまっては・・・、という部分でも、それから、良い攻撃は良い守備から、という部分でも、川村を外して宮間をボランチへ、という采配は、まだ時間的に早かったかなと。後半スタートから交代策を使うとしたら、中島に代えて岩渕か、もしくは、中島に代えて川澄、だったのではないだろうか。

確かに、川村は失点に繋がるパスミスもしたし、繋ぎのところでのパスミスやボールロストも多かったが、川村を経由して攻撃を展開しようとするからいけないので、もっとFWにどんどんボールを出せば良かった。特に横山にはボールが収まっていたし、高い位置のFWのところでのロストであれば、またそれを奪い返しに行ける可能性も高くなる。また、サイドの高い位置のところにボールを出せば、それが繋がらなかったとしても、中国は簡単に日本のスローインにしてくれたから、それを狙えば良かった。

そうやって、極力リスクを避けながら、尚且つ、相手陣地内でのプレイ時間を多くする、マイボールの時間を増やす、つまり、相手を押し込む。カウンターで主導権やリズムをつかめないのであれば、あるいは、パス回しで主導権やリズムをつかめないのであれば、そういう方法で少しずつ主導権やリズムをつかむのがベター。負けられない、勝ちたい、という気持ちだけではどうにもならない。繰り返し書いてきたように、実力があったとしても、きちんと正しく戦わなければ、やはり悪い結果になってしまう。

佐々木監督は、攻撃が機能していない、あるいは、得点力不足の原因として、ボランチのところの展開力と、そして、決定力が、という事を言っていたが、決定力はそうだとしても、宮間をボランチで起用してもあまり改善されないように、やはり、そこではないと思う。そして、更には、日本は3試合で3得点だが、セットプレイから得点を取れていない、という部分も大きいと言える。この試合では、CKでは、かなり工夫・作戦も見られていたが、結果としてセットプレイから得点を取れていないのは痛い。

という事で、これで日本は3戦0勝1分2敗、3試合で勝点1となり、リオ五輪への出場は、ほぼ不可能になってしまったと言える。従って、残りの2試合は、きちんとまだ勝利を最優先にするのは当然の事として、しかしながら、ゼロからやり直すような気持ちで、個々のプレイであったり、トライアングルをきちんと作る事であったり、サイドから攻める、サイドを起点にする戦い方であったり、極力リスクを避けながら、主導権やリズムをつかむにはどうすれば良いのか、という事に取り組んでもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/05 00:15】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<トップ下としての香川真司。正しい使い方をすればトップ下としての能力は高い。 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 今季の岡崎の重要な役割というのは、どちらかと言えば? 【 レスター vs ウェスト・ブロムウィッチ 】>>
コメント
選手選考に偏りが
結局初戦で悪い流れになったのがすべてかなと思います。
ただオーストラリアの実力は相当上がってきているのであの敗戦はさっと忘れるべきだったかと。

それとなでしこリーグをできる限り見てきた目から言うと、田中選手のボーンヘッドは予想の範囲でした。
毎試合一回は失点に絡んでいます。
センターバックとしては皇后杯で出色の出来だった北原さんが全く対象にならないこと、あるいは湯郷戦でスーパーな活躍をした薊さんとか今勢いのある人が呼ばれないこととか、
菅澤さんが直前にけがをしたので高瀬さんは仕方がないにしても、大野さんが効果的なプレイをした記憶が最近ないので、佐々木監督の選手選びにはかなり疑問を感じます。
【2016/03/05 01:10】 URL | unepomme #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3435-eb0ed70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |