【 岡崎慎司 】 今季の岡崎の仕事。岡崎の攻撃に関するプレイを良くする方法。 【 ワトフォード vs レスター 】
試合 :プレミアリーグ 第29節
開催日:2016年3月5日
結果 :レスター勝利
スコア:「0-1」
得点者:マレズ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ 岡崎慎司
MF アルブライトン ドリンクウォーター カンテ マレズ
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK シュマイケル

FW ヴァーディ
MF シュラップ カンテ ドリンクウォーター キング マレズ
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK シュマイケル

FW ヴァーディ
MF シュラップ カンテ ドリンクウォーター キング アマルテイ
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK シュマイケル


前半45分で交代となった岡崎だったが、当然、守備ではよく効いていたし、おそらく、岡崎とアルブライトンの交代というのは、疲労を考慮して、という事が大きかったのではないだろうか。残りは9試合。前回の記事でも書いたが、もうここまできたら、得点ではなくても守備でもなんでも良いから、勝利に貢献する、チームを優勝に導く、という事が、今季の岡崎の仕事になると思う。そして、そのためだったら、この試合のように、前半だけで疲労して交代、という事でも良いのではないだろうか。

ただ、岡崎の攻撃に関するプレイについては、もう少し丁寧にプレイしても良いかなとは思う。速さ、という事に適応しようとしているのは当然良いが、それで1つ1つのプレイが雑になってしまったり、オン・ザ・ボールの時や競り合いの時にバランスを崩しやすくなってしまう、というのは良くない。本田についても以前にそう書いたが、速く走ろうとするあまり前傾姿勢になり過ぎてしまうと、抜け出せたとしても、その後のプレイの精度が落ちてしまう。やはり、それでは速くてもあまり意味が無い。

サッカーの場合には、100%の力でどれだけ速いのか、ではなく、80%ぐらいの力でどれだけ速いのか、という事が重要だと思っていて、それは、競り合いのあるスポーツであり、ボールを主に足でコントロールするスポーツであるから。従って、常にボディ・バランスを崩さないようにプレイする、という事であったり、100%の力での速さというのは、一瞬で良く、瞬発的で良くて、つまり、緩急の方が重要であると言える。そこを改善すれば、岡崎の攻撃に関するプレイはもっと良くなると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/06 12:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 ここからもう一山越えられるかが勝負。崩れずに踏ん張れるか。 【 サッスオロ vs ミラン 】 | ホーム | なでしこジャパン。しばらく間が空くと元に戻ってしまうのはなぜか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3438-6538360a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |