北朝鮮戦(女子) 【 悔しい2連勝。日本の自滅だったリオ五輪予選敗退。 】
試合 :リオ五輪アジア最終予選 第5戦
開催日:2016年3月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:岩渕真奈

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         大儀見優季 横山久美
MF     鮫島彩            中島依美
MF          宮間あや 阪口夢穂
DF     有吉佐織 熊谷紗希 岩清水梓 近賀ゆかり
GK            山根恵里奈

FW         大儀見優季 横山久美
MF     宮間あや           岩渕真奈
MF          中島依美 阪口夢穂
DF     有吉佐織 熊谷紗希 岩清水梓 近賀ゆかり
GK            山根恵里奈

FW         大儀見優季 高瀬愛実
MF     宮間あや           岩渕真奈
MF          川村優理 阪口夢穂
DF     有吉佐織 熊谷紗希 岩清水梓 近賀ゆかり
GK            山根恵里奈


前半も良かったと思うが、特に後半の戦い方というのが、このチームの良い戦い方だと思う。攻撃はとにかくサイドから、そして、守備は何度かの大きなピンチは有りながらも、なんだかんだで失点はしない。攻撃は、そういう攻撃を続けていれば、1得点でも無失点ならば勝てるわけだし、後は個の質の部分が相手を上回れば、2得点、3得点、それ以上、という事になっていくはず。そして、守備は、一定以上の運動量、組織的な動き、それから、フィジカル・コンタクトを恐れない、冷静な判断力でプレイする、セオリー通りにプレイする、しっかりと最後は体を張る、という事ができれば問題無いはず。

しかも、そういう事が今まではできていたからこその、W杯や五輪での優勝や準優勝であり、世代交代が必要だとか、アジアのレベルが上がっているだとか、そういう事も言われているが、現時点では、そこはそれほど大きな要素になっているとは感じないし、まだ、日本が前述したような攻撃や守備ができているのか、という事の方が勝敗には大きいと感じる。この大会の結果、今回のリオ五輪予選敗退という結果は、どちらかと言えば日本の自滅であり、そうである事は、第4戦と第5戦の内容と結果が証明したのではないだろうか。特にこの試合のような戦い方ができれば、韓国と中国には勝てたと思う。

ただ、現時点での世代交代というのは必要なかった、リオ五輪までは、2人から3人ぐらいの若手が主力あるいは戦力になってくれれば、という事で良かったと思うが、しかし、リオ五輪への出場が無くなったので、やはり次のW杯までには、少なくとも4人から6人ぐらいの若手が主力あるいは戦力になってくれないと困る。もちろんそれは、現在25歳から28歳ぐらいの選手たちが、次のW杯まで現在のパフォーマンスを保つ、または、更に成長する、という事も前提であると言える。新たなスタートとなるが、今までやってきた事を大きく変える必要というのは無い。その質を高めれば良いだけだと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/10 00:15】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大迫勇也。長谷部誠。乾貴士。それぞれの現在地。 | ホーム | 清武弘嗣。山口蛍。酒井宏樹。ハノーファーの3人の現在地。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3443-29e9f79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |