もはやゾーンプレスやハイプレスはやろうとするのが当然で、重要なのはできるのかどうかとその見極め。
以前にも書いたが、ゾーンプレス、もしくは、ハイプレス、そして、縦に速い攻撃、というのは、ハリルホジッチの専売特許というわけではないし、日本代表でそれをやろうとした、もしくは、やった監督というのも、やはり、ハリルホジッチが初というわけでもない。加茂監督の代名詞は、まさにゾーンプレスであったし、トルシエもフラット3+ゾーンプレス+縦に速い攻撃であったし、二回目の岡田ジャパンが南アフリカW杯前までに志向していた、あるいは、目指していたサッカーは、ポゼッション&ハイプレスだった。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
また、ザックにしてもそうで、おそらく本当にやりたかったサッカーは、守備ブロックをしっかり作り、そこからゾーンプレスを効かせて、縦に速い攻撃、というものだったはず。少し違ったのはジーコとオシムで、ジーコは少し前のブラジルサッカー、オシムはゾーンというよりもマンツーマンを基本としていた。ただ、少し複雑な話をすれば、二回目の岡田ジャパンの守備というのは、マンツーマンを基本としつつ、という要素もあったし、オシムにしても、変化の兆候はあり、そのまま続いていたら変わった可能性もある。

つまり、何が言いたいのかといえば、重要であるのは、やろうとしている事は何か? という事よりも、できるのかどうか? であるという事。もはや、まずは縦に速い攻撃をする、そしてそれを、なるべくショートカウンターしていく、というのは当然であり、そして、そうするためには、しっかりと守備ブロックを作り、ゾーンプレス、もしくは、ハイプレスを機能させる、という事が、当然セットになってくる。ちなみに、アギーレにしても、やや守備の設定位置は低い感じだったが、縦に速い攻撃というのは求めていた。

しかしながら、加茂ジャパンは結果が厳しくなってW杯アジア最終予選の途中で終わり、トルシエジャパンは最終的には守備の設定位置を下げ、二回目の岡田ジャパンは最終的にポゼッションを捨てて守備の設定位置を大きく下げた。ザックにしても、前述したようなサッカーができず、ポゼッションへ傾倒したり、守備が中途半端になったままW杯へと挑んで惨敗した。結局、加茂ジャパンからずっと、日本代表というのは、現在、ハリルホジッチがやろうとしている事ができずに・・・、という事を繰り返してきたと言える。

そして、それはなぜだったかと言えば、1つには、体力的に続かなかった、という事。二回目の岡田ジャパンというのは、後半になるとガス欠になってやられてしまう傾向があったし、それから、ザックジャパンはフィジカル・コンディションが全体的にかなり良い状態でないと厳しくなった。そして、2つには、個の守備力が足りていなかった、という事。複数で囲む、という事はできても奪いきれなかったり止めきれなかったり、組織的な動きはできていても個のミスによって失点を重ねたり、という事が過去の現実だった。

つまり、ハリルホジッチがやろうとしている事をできるようにするためには、当然、もっと身体能力の向上、そして、組織としての守備力ではなく個としての守備力の向上、という事が必要で、もしそれがなかったら、また同じ事の繰り返しになると思う。個人的には、縦に速く、手数を少なく、ワンタッチやツータッチ以内のパスワークでゴールまで、という攻撃は、今でも意識を変えるだけで実現可能だと思っているが、守備の設定位置を高くしたゾーンプレス、ハイプレスという守備については、やや難しいと思っている。

もちろん、やろうとしなければできないから、それにチャレンジする事は大いに賛成であるし、もしかしたら、アジアレベル相手にはできるかもしれない。しかし、アジアレベルではそれができても、W杯で戦うようなレベルの相手にそれができなかったら、また過去と同じ事を繰り返してしまう。つまり、そこをきちんと見極められるのか、そこをどの時期にまでにきちんと見極めるのか、そして、無理そうだったら迷わず戦い方を変える、という事が重要で、ハリルホジッチになってもまたか、とはならないでもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/12 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<球際の激しいアグレッシブな好ゲーム。両チームの攻守における課題とは何か。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】 | ホーム | 【 香川真司 】 後半37分から途中出場。トゥヘルはどうしても香川をトップ下で機能させたいのだろうか? 【 ドルトムント vs トットナム 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3446-c5648c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |