球際の激しいアグレッシブな好ゲーム。両チームの攻守における課題とは何か。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】
試合 :J1リーグ 第3節
開催日:2016年3月12日
結果 :ベガルタ仙台勝利
スコア:「1-0」
得点者:金久保順

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ベガルタ仙台 】

FW 奥埜博亮 ウイルソン
MF 梁勇基 三田啓貴 富田晋伍 金久保順
DF 石川直樹 渡部博文 平岡康裕 大岩一貴
GK 関憲太郎

FW 金園英学 ウイルソン
MF 藤村慶太 三田啓貴 富田晋伍 金久保順
DF 石川直樹 渡部博文 平岡康裕 大岩一貴
GK 関憲太郎

攻撃については、シンプルだが、どんどん裏を狙う、ウイルソンがサイドに流れて起点を作る、という方法が効果的だったと思う。ウイルソンのパートナーとなるFWのパフォーマンスがもう少し高ければ、中盤やDFラインからのパスの質がもう少し高ければ、SBをもう少し上手くオーバーラップさせられていれば、2点、3点、と取る事もできたと思う。そして、守備については、4バックがクロスに対して強く、GK関のパフォーマンスが高く、全体的に球際で負けていなかった、という事が無失点の要因だったと思う。

特に、全体的に球際で負けていなかった、というのは、攻守に鹿島を上回れた最たる要因だったかなと。そこには、想いの強さ、というものも感じられた。もし、この試合で見せたようなアグレッシブさ、球際の強さ、というものをずっと継続する事ができれば、今季は上位の成績を残せるのではないだろうか。後は、戦力の層の問題、特に攻撃力や得点力に関しては、ウイルソンがどこまで高いパフォーマンスを継続できるのか、または、ウイルソンの代わりとなれるFWがいるのか、という事がポイントになってくると思う。


【 鹿島アントラーズ 】

FW 金崎夢生 赤崎秀平
MF 中村充孝 小笠原満男 柴崎岳 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 植田直通 西大伍
GK 曽ヶ端準

FW 金崎夢生 カイオ
MF 土居聖真 小笠原満男 柴崎岳 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 植田直通 西大伍
GK 曽ヶ端準

守備については、後半は修正された感じだったが、前半は、サイドに人数をかけてもボールを奪いきれず、特に右サイドから左サイド方向へ展開されて、というパターンで失点もしたし、何回か大きなピンチも作ってしまっていた。球際を激しくやるようになり、堅守を取り戻しつつある鹿島だが、CB以外というのは、個の守備力が物足りない選手たちが多いので、やはり、そこを向上させられるのかどうかだと思う。金崎にしても、球際の強さは身に付けたが、もう少し上手いファースト・ディフェンスを身に付けて欲しい。

そして、攻撃については、左SHを中村から土居に代えても良くならなかったし、特に左サイドが機能していなかったかなと。また、堅守カウンターの戦い方で、クロスに強い4バックの守備に対して、もう少し崩すアイデアが必要だったかなと思う。相手の球際の強いアグレッシブな守備に封じられてしまった、という事は然りだが、やはり、ダブルボランチが小笠原と柴崎のコンビであるから、そこからアイデアのある攻撃を構築もらいたい。後は、金崎のパートナーとなるFW、あるいは、トップ下、そこの質かなと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/13 00:18】 | Jリーグ2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 山口螢 】【 大迫勇也 】 適切な使われ方が重要。そして、ただ出場できているだけでは意味が無い。 【 ハノーファー vs ケルン 】 | ホーム | もはやゾーンプレスやハイプレスはやろうとするのが当然で、重要なのはできるのかどうかとその見極め。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3447-5466effc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |