【 香川真司 】 2つの選択肢があり、当然、使い分けても良いと思う。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】
試合 :ブンデスリーガ 第27節
開催日:2016年3月20日
結果 :ドルトムント勝利
スコア:「1-3」
得点者:フィンボガソン ムヒタルヤン カストロ ラモス

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW ラモス
MF ロイス 香川真司 ムヒタルヤン
MF シャヒン ヴァイグル
DF ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク
GK ブルキ


ドルトムントは香川をトップ下に置いた「4-2-3-1」でスタート。全体的に選手同士の距離間が遠い、という感じと、逆に、ゴール前のところでは詰まる、という感じと、その両方あって、あまり機能しているという感じではなかった。前半16分にドルトムントは先制点を奪われる。おそらく、3トップ的にやるのであれば香川はもっと低い位置で、2トップ的にやるのであればもっと香川は縦にボールを引き出して、という部分だったと思う。しかし、前半45分、ムヒタルヤンのゴールでドルトムントが同点にする。

この同点ゴールのシーン、フンメルスからのパスをラモスが左サイドに流れて受け、ドゥルムから中央のムヒタルヤンへ。そして、ムヒタルヤンが相手3人を引き付けてかわし、右斜め上にいたロイス、その左にいたシャヒン、とパスがつながり、最後はシャヒンからのパスを受けたムヒタルヤン、という形だったのだが、3つポイントがあり、1つはCFのラモスがサイドに流れて縦にボールを引き出し、ムヒタルヤンが中央で、という事。「4-4-2」に近い形である場合には、その動きその連動性が必要であると言える。

2つには、選手同士の距離間、という部分で、このシーンは、ゴール前で香川とシャヒンとロイスとムヒタルヤンがダイヤモンド型になっており、そのポジショニングと距離間が絶妙だった。それが意図的だったら最高だったと思う。そして、3つには、香川が右縦に動いた事でムヒタルヤンのためのスペースが空いた、という部分で、トップ下としての香川、というか、セカンド・トップとしての香川にはそういう動きが必要であり、そこは小さな局面ではあったが、大きな局面でもそういう動きで中央にスペースを作りたい。

大きく分けると、「4-2-3-1」には「4-4-2」に近い形と「4-2-1-3」に近い形と2つあって、おそらく今トゥヘルがやろうとしている「4-2-3-1」は「4-4-2」に近い形だと思うから、2トップ(1トップとトップ下)がサイドや縦に相手を引っ張り、そうする事で中央(主にバイタルエリア)にスペースを生み出して、そのスペースをSHやボランチが使う、という事が攻撃を機能させる方法の1つ。ちなみに、「4-2-1-3」に近い形の場合には、逆に下る事で中央にスペースを生み出す。


FW ムヒタルヤン ラモス
MF 香川真司
MF シャヒン ヴァイグル カストロ
DF ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク
GK ブルキ

FW ムヒタルヤン ラモス
MF カストロ
MF シャヒン ヴァイグル ライトナー
DF ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク
GK ブルキ


ドルトムントは後半スタートからロイスに代えてカストロを入れ、「4-3-1-2」という形に変更。ただ、これは1つの香川のトップ下を活かす形であるようには思えるが、基本的には、今季のミランで本田が「4-3-1-2」のトップ下であった時と同じように、トップ下が云々というよりも、2トップが機能していないとトップ下は活かされず、後半17分、香川に代わってライトナーが入り、トップ下にはカストロが入ったが、やはり機能はしなかった。ちなみに、香川は「4-3-1-2」でも「3」の左が良い。


FW ラモス
MF ムヒタルヤン カストロ パスラック
MF ヴァイグル ライトナー
DF ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク
GK ブルキ


後半23分、ドルトムントはシャヒンに代えてパスラックを入れ、再び「4-2-3-1」という形に戻す。そして、後半24分、フンメルスからの縦パスをラモスがDFラインの裏で受け、その落としをカストロが決めてドルトムントが逆転。もう1つ、トップ下の香川が活かされるパターンというのがこれで、トップ下を飛ばすような感じの攻撃でCFがポストプレイで起点となり、トップ下の香川が前を向いてゴール前へ、というパターン。この試合でも、このパターンの攻撃を、香川がいた時からやってもらいたかった。

後半30分、CKからラモスが決めてドルトムントが3点目。その後は、トップ下だったカストロが少しポジションを下げ、「4-1-2-3」に近い形となってポゼッションで逃げ切り、という戦い方になり、そのまま結果はスコア「1-3」でドルトムントが勝利を収めた。結局、トップ下で香川を機能させるためには、どちらが正しいかではなく、香川がセカンド・トップ的な動きを身に付けるのか、香川を活かすためにチームがそのための戦い方をするのか、という2つの選択肢があり、当然、使い分けても良いと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/21 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 少なくとも2試合から3試合ぐらいは本田を休ませるべきだと思う。 【 ミラン vs ラツィオ 】 | ホーム | 【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 山口蛍 】【 長谷部誠 】 もはや個の課題を改善する事だけに取り組むしかないか? 【 フランクフルト vs ハノーファー 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3457-98ce4faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |