【 長友佑都 】 守備に徹し及第点のパフォーマンスだったと思う。 【 ローマ vs インテル 】
試合 :セリエA 第30節
開催日:2016年3月19日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ペリシッチ ニアンゴラン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 インテル 】

FW エデル
MF リャイッチ
MF ペリシッチ ブロゾビッチ メデル ビアビアニー
DF 長友佑都 ムリーリョ ミランダ ダンブロージオ
GK ハンダノヴィッチ

FW マナジ
MF ブロゾビッチ
MF ペリシッチ フェリペ・メロ メデル エデル
DF 長友佑都 ムリーリョ ミランダ ダンブロージオ
GK ハンダノヴィッチ


インテルの守備は、前の2枚、エデルとリャイッチのところで、相手のCBやボランチにきちんとファースト・ディフェンスがかからない、という部分が問題だったかなと。やろうとしていたシーンもあったが、やろうとしていないシーンも多かった。従って、そこから縦パスを出されて、というパターンでのピンチが多かった。そして、後半12分にローマがケイタに代えてジェコを入れると、よりターゲットとなれる選手が前線に入った事でピンチが増え、結局、耐えられずに後半39分に失点、という事になった。

後半8分のペリシッチの得点シーンも、高い位置でボールを奪ってのショートカウンターだったが、ボランチのブロゾビッチが高い位置で上手くボールを奪えた、という事からであり、組織的なハイプレスによって、という事ではなかった。インテルは失点後の後半41分にリャイッチに代えてフェリペ・メロを入れ、ブロゾビッチを1つ前のポジションへ、という事をやったが、できれば、やはり後半12分にジェコが入った時点で、その交代策をやっておくべきだったかなと思う。少し判断が遅れてしまったかなと。

そして、インテルの攻撃については、ローマの守備に少し問題があり、「4-1-4-1」で、前の「4-1」がハイプレスをかけて後ろの「4-1」で奪う、という事ができていたシーンと、前の「4-1」がハイプレスをかけても後ろの「4-1」のところで奪いきれない、というシーンが半々ぐらいで、要するに、前の「4-1」と後ろの「4-1」の守備の時の連動性がイマイチだった、という事なのだが、それもあっていくつかのチャンスは作れていたし、個々の選手の動きというのはそれほど悪くなかった。

ただ、能動的に崩せてはいなかったし、ショートカウンターで良い攻撃ができたのも得点シーンぐらいだったし、そこはリャイッチとビアビアニーと途中交代で後半37分から入ったマナジのパフォーマンスが、という感じではあった。ちなみに、長友のパフォーマンスについては、前節とは異なってかなり守備的にプレイしていた、あるいは、守備的にプレイさせられていたので、ほとんど攻撃参加する事はなかったが、しかし守備では安定感のあるパフォーマンスを見せ、及第点だったと言えるのではないだろうか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/24 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アフガニスタン戦 【 素晴らしい試合だったが、それはあくまでも・・・、という事は忘れてもらいたくない。 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 同点ゴールをアシスト。なぜ乾は代表に招集されないのか? 【 ヘタフェ vs エイバル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3460-1f0deb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |