アフガニスタン戦 【 素晴らしい試合だったが、それはあくまでも・・・、という事は忘れてもらいたくない。 】
試合 :ワールドカップ・アジア2次予選
開催日:2016年3月24日
結果 :日本代表勝利
スコア:「5-0」
得点者:岡崎慎司 清武弘嗣 オウンゴール 吉田麻也 金崎夢生

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       金崎夢生  岡崎慎司
MF          清武弘嗣
MF     柏木陽介 長谷部誠 原口元気
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          東口順昭

FW  ハーフナー・マイク  小林悠
MF          香川真司
MF     清武弘嗣 長谷部誠 原口元気
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          東口順昭


先制点は岡崎の個人技が見事だった。香川が、自分もそういうプレイをして得点を取りたい、と思ったのではないだろうか。2点目は、金崎のプレイも良かったし、清武にはそういうプレイをしてもらいたい、という得点だったと思う。3点目はオウンゴールだったが、酒井宏樹が個人技で完璧に縦へ突破した、という事へのプレゼントだったと言える。4点目はCKからだったが、これも個としての良さが発揮されたゴールだったかなと。そして、5点目はハーフナーの高さを活かした形で、狙い通りのゴールだったと思う。

この試合の日本は「4-3-1-2」という形だった。おそらく、ゴール前(PA内)にいる選手の数やセカンドボールを拾う選手の数を増やしたい、よりSBの攻撃参加を増やしたい、という意図だったと思うのだが、それが成功したと言える。もちろん、ここまで意図通りの攻撃や戦い方ができたのは、相手がそこまでリトリートする戦い方ではなかった事や、相手のレベルや、この試合が日本のホームであった、という事もあったと思う。しかし、手数をかけ過ぎない攻撃、縦に速い攻撃を目指している効果も出ていた。

さて、次は3月29日のシリア戦。どのような形、どのようなスタメンで、というのはわからないが、前回の戦いではスコア「0-3」で勝利したが、無失点ではあったが、カウンター、放り込み、セットプレイ、危ないシーンが何回かあったし、暑さもあって仕方なかったのかもしれないが、集中力を欠いて危なかったシーンもあったし、相手が雑なミドルシュートで攻撃を終わらせてくれていた事、個による決定力を欠いていてくれた事、それにかなり日本は救われていたから、むしろ、攻撃よりも守備が問われると思う。

アジアを主戦場としている日本というのは、攻撃よりも守備の強化というのが難しい。あるいは、堅守カウンターの戦い方で試合を重ねる事が難しい。今までも、対アジアレベルであったり、対脱アジアレベルでも親善試合であれば、この試合のような素晴らしいパフォーマンスを発揮した事はあるが、それはあくまでも・・・、という範囲を出ない。今の日本が目指しているのは、W杯で勝てる、または、少なくとも負けない、そういう戦い方や強さであり、結果が最重要のアジア予選であれ、そこは忘れてもらいたくない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/25 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<アフガニスタン戦選手評価 【 金崎夢生。岡崎慎司。清武弘嗣。柏木陽介。原口元気。長谷部誠。 】 | ホーム | 【 長友佑都 】 守備に徹し及第点のパフォーマンスだったと思う。 【 ローマ vs インテル 】>>
コメント
アジアのレベルが低いのは、W杯に出れる可能性が高くて嬉しいような、代表が強くならなくて悲しいような。
ジレンマですね。
【2016/03/26 10:15】 URL | #-[ 編集] | page top↑
アフガニスタンには申し訳ないが、攻撃も守備もままならないチームが相手で、素晴らしい結果と喜んでいるテレビやネットをながめつつ喜びの気持ち半分、少し空しくなる思い半分でした。ヨーロッパや南米は、常に厳しい予選を戦い抜いてくるのに。アジアで戦っていてW杯本番に向けた強さを備えられるのか。今に始まった話ではないですが、毎回このジレンマに悩まされます。アジアに属している以上仕方のない話しですが。。。
【2016/03/25 12:26】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3461-4d95d803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |