シリア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
試合 :ワールドカップ・アジア2次予選
開催日:2016年3月29日
結果 :日本代表勝利
スコア:「5-0」
得点者:O.G 香川真司 本田圭佑 香川真司 原口元気

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF 宇佐美貴史    香川真司    本田圭佑
MF       山口蛍   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

FW          金崎夢生
MF  清武弘嗣    香川真司    本田圭佑
MF       原口元気  長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作


岡崎慎司

得点やアシストという結果は出せなかったが、とても良いパフォーマンスだったと思う。DFラインの裏を狙う動き、DFラインの裏へボールを引き出す動き、サイドへ流れて起点となる動き、サイドへ流れてスペース・メイキングする動き、それから、ポストプレイ、それらが全てよく効いていた。ただ、マインツ時代がそれを証明しているように、1トップでも機能できる選手ではあるが、しかし、清水エスパルス時代や現在のレスターでの事を考えると、やはり2トップであった方が、より機能できる選手だと思う。


香川真司

5得点の内の4得点に絡む活躍で、自身の得点シーンのプレイは見事だった。それから、トップ下というよりも、2トップの1枚、という感じだったが、攻撃面についてのその動き方も良かったと思う。また、やはり、この試合の香川の得点シーンを見ても、ポストプレイに優れている、または、フィジカル的に強い、そういう選手と同じ局面で絡めると、香川の得点力というのは上がると感じた。ただ、2トップだったとしても香川は下がり目なので、守備に関しては、もう少し中盤を助けなければならなかったと思う。


宇佐美貴史

よくボールが収まっていたし、優れたテクニックも発揮していたが、判断力の悪さが、全てを台無しにしていたかなと。ボールを持ち過ぎていた、1つ2つプレイが多かった、それから、やはりもっとスペースに走ってボールを受けるプレイをしないと、より上のレベルで活躍できる選手にはなれないと思う。守備に関しても、簡単に抜かれてはいけないし、後ろからのスライディング・タックルもやらないでもらいたい。そういう部分で、まだ宇佐美は海外組から遅れを取っているし、まだ本格化もできていないと思う。


本田圭佑

空中戦、ヘディングに関して、強いな、という事と、守備と起点とシュートまでは良いな、という感じだったが、やはり決定力が少し低かったかなと。この試合では、ミランでほどの守備負担は無かったし、シュート(得点)チャンスも多かったから、それなら、もう少し決定力が必要だったのではないだろうか。この試合の本田のプレイで一番良かったのは、自身の得点のヘディングシュートも良かったが、それよりも、左サイドで相手のDFラインの裏へ走ってパスを受け、香川へのラストパスを出したプレイだった。


山口蛍

負傷し、後半13分に交代となってしまい、それについては可哀想だったと思うが、パフォーマンスについては、あまり良くなかったかなと。攻撃面では、あまり良いパス配給ができていなかったし、守備面では、1対1のところが少し弱かったかなと。足先だけで守備対応しようとするプレイも多く、もっと体で止めに行くように変えてもらいたい。ボランチに関しては、長谷部は2018年には34歳になるし、柏木は守備力に問題があるし、遠藤航はまだこれからの選手なので、山口にはもっと頑張ってもらいたい。


長谷部誠

攻撃については、上がって行っての良いプレイもあったし、本田への質の高いクロスもあったし、悪くはなかったと思うのだが、やはり、PA内やバイタルエリアなどに入るタイミングが少し早いと思うし、先を見据えた場合には、どちらかと言えばロングパスでチャンスを作ってもらいたい。そして、守備については、失点を防いだシュートブロックは良かったが、1対1のところで競り負けていたシーンが多かったかなと。また、ビルドアップのところで相手を外すプレイというのを、そろそろ向上させてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/03/31 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<シリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。原口元気。金崎夢生。清武弘嗣。 】 | ホーム | シリア戦 【 守備は赤点。価値半減の5得点。期待感よりも不安感。日本代表というのは、ノーガードで打ち合いをするような、そういう戦い方に立ち戻ってしまってはいけない。 】>>
コメント
こんにちは。
しっかりとした分析に毎度感謝します。
私はずっと、本田の体型がベストではないように感じていて、本来ならフェンロ時代やコンフェデの時が最適な体型なのではないかと思っています。
ボールタッチが柔らかく軽快でスピードも問題なく本来の実力を遺憾なく発揮していたかなと。
あの時の体型でも十分体は強かったのにだんだん体を大きくしていって、ヨーロッパ遠征の時にはバカでかくなってました(苦笑)
ベストな体型で最適なトレーニングを最適な時間行い、リカバリーの時間を十分取る事で、本田の本来持っているパフォーマンスで十分ヨーロッパや代表でもまだまだ主力として活躍できるはずだと思います。
ミランで危機管理能力も高くなってきて守備もするようになったのでがんばってもらいたいです。
【2016/03/31 15:52】 URL | ポポ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3467-78f49f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |