スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アジア最終予選の日本の対戦相手は、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ。
第1戦 日本対UAE     2016年9月1日
第2戦 タイ対日本           9月6日
第3戦 日本対イラク          10月6日
第4戦 オーストラリア対日本      10月11日
第5戦 日本対サウジアラビア      11月15日
第6戦 UAE対日本     2017年3月23日
第7戦 日本対タイ           3月28日
第8戦 イラク対日本          6月13日
第9戦 日本対オーストラリア      8月31日
第10戦 サウジアラビア対日本      9月5日

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
オーストラリア

2006年ぐらいを頂点に、その後は少し下がり、W杯には出場できているが、W杯ではグループステージで敗退する、というぐらいのレベルの強さで、近年の10年間ぐらいは安定あるいは停滞している。ただ、ホーム開催ではあったが、2015年のアジアカップでは優勝しており、アジアでトップ5もしくはトップ3に入る実力国であるのは間違いない。特にホームの試合では強く、対オーストラリアという事では、1勝(日本のホームでの試合)1引き分け、または、2引き分け、という事が現実的なプランになるのではないだろうか。

オーストラリアのサッカーは、少しずつ繋ぐサッカーも浸透してきてるが、やはり基本的にはキック&ラッシュ、または、クロスから空中戦、というサッカーであり、繋ぐサッカーをしてきた場合には、日本にとっては戦いやすい相手になるが、ロングボール主体のサッカーをしてきた場合には、日本にとっては戦い難い相手になる。日本キラーのケーヒルもまだ健在であり、キック&ラッシュ、または、クロスから空中戦、というサッカーをしてきた時に、いかに失点せずに弾き返し続けられるのか、という事が大きなポイントになると思う。


サウジアラビア

2006年前後ぐらいまでは、まだアジアではトップクラスの強さがあったが、その後は低迷しており、現在はアジアのBクラスという感じになっている。2010年と2014年のW杯はアジア予選で敗退し出場しておらず、2011年と2015年のアジアカップもグループステージで敗退している。海外でプレイする選手が少なく、テクニック系のサッカーに傾倒している流れにあり、2011年のアジアカップでは、日本にスコア「0-5」で大敗している。従って、サウジアラビアには、ホームでもアウェイでも勝利してもらいたい。


UAE

強い、という感じではないが、守備力が高く、勝負強い、勝てない相手ではないが、簡単には勝たせてもらえない、という印象がある。2015年のアジアカップでは、日本は準々決勝でUAEにPK負けして敗退した。オーストラリア、イラク、UAE、サウジアラビア、タイ、という5つの国の中では、おそらくちょうど中間ぐらいの強さであると思うので、初戦の相手でもあるし、UAE戦の成績が試金石になってくるのではないだろうか。従って、内容では上回れると思うが、とにかく内容よりも結果、という事が問われてくると思う。


イラク

アンダーカテゴリーでは日本の鬼門的な相手になっているが、フル代表では意外と相性が良く、近年は日本の勝利が続いている。また、イラクはW杯予選での敗退が続いている。しかし、勝利は続いているが、日本対イラクはスコア「1-0」の接戦が多く、また、イラクは、アジアカップでは、2007年に優勝してから、2011年はベスト8、2015年は4位、と安定した良い成績を残しており、侮れない相手であるのは間違いない。しかし、無失点に封じれば勝てる確率はとても高くなるので、攻撃力よりも守備力が鍵になると思う。


タイ

サッカー熱が高く、近年はACLでもブリーラム・ユナイテッドなどが曲者として台頭してきているが、やはり、まだCクラスの実力であると思う。アウェイでの試合では苦戦する可能性もあるが、対タイ戦では確実に勝点6を取らなければならないと思う。サウジアラビア戦とタイ戦で勝点12は絶対に得たい。対タイ戦がハーフナー・マイクの使い所であるとも思う。守備のバランスをあまり崩さずに戦い、高さを活かした省エネサッカーをして勝利、という試合を見せてもらいたい。日程的にも日本が良い状態で戦える相手になると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/04/13 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハッキリ言って、現在の日本代表がW杯でどのような戦い方をしなければならないのか、という事は決まっていると言える。 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 もはや、岡崎がチームのために犠牲となっているのか、チームが岡崎を活かすための戦い方をしているのか、というのは、おそらく半々になってきていると思う。 【 サンダーランド vs レスター 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3480-ccf57518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。