【 香川真司 】 守りに入って守るためには? 香川にある成長の余地とは? 【 リヴァプール vs ドルトムント 】
試合 :EL 準々決勝 2nd.leg
開催日:2016年4月14日
結果 :リヴァプール勝利
スコア:「4-3」
得点者:ムヒタルヤン オーバメヤン オリギ ロイス コウチーニョ サコ ロヴレン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW ロイス オーバメヤン ムヒタルヤン
MF 香川真司 ヴァイグル カストロ
DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ピシュチェク
GK ヴァイデンフェラー

FW ラモス オーバメヤン
MF ムヒタルヤン ヴァイグル ギュンドアン
DF シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター ピシュチェク
GK ヴァイデンフェラー


スコア「1-1」の引き分けではあったが、GKヴァイデンフェラーの神がかり的なセーブが無ければ・・・、という感じで、1st.legも内容的にはリヴァプールの方が上回っていたので、この結果も然りだったのではないだろうか。3トップにロイスとオーバメヤンとムヒタルヤンを揃え、中盤に香川も配置した攻撃的な布陣で戦ったドルトムントは、前半の10分以内に2得点を奪い、幸先の良いスタートだった。更には、後半3分には1点を返されてしまうが、後半12分には3点目を奪って、そこまではドルトムントの流れだった。

しかし、守りに入って守れない、受動的な守備力が低い、という状態のドルトムントなので、後半21分に失点してしまうと、香川交代直後の後半33分にもCKから失点しまい、試合はスコア「3-3」の同点に。それでも、まだそのままのスコアであればドルトムントは準決勝へと進めたのだが、そして、後半38分にはラモスとギュンドアンを入れて、守備を強化するための「5-3-2」へと変更したのだが、アディショナルタイム、後半46分に失点してしまい、逆転負けしたドルトムントは準々決勝で敗退、という事になった。

守りに入って守るためには、やはり単純に守備の枚数を増やすだけでは難しく、あるいは、守備の設定位置を下げるだけでは難しく、まずは個として、マークを剥がされないとか、そして組織として、バイタルエリアにだけはスペースを作らないとか、そういう事が絶対に徹底されていなければならず、そういう受動的な守備力を個としても組織としても落とし込まないと、ただ布陣を変えただけでは難しいと言える。トゥヘルのドルトムントが更に上を目指すためには、やはりそのあたりを改善・強化する必要があるのではないだろうか。

香川については、先制点の得点シーンにも絡んだし、キレのあるターンを何回か見せるなど、やはり調子というのは良いと思うのだが、守備型の戦い方に移行した時に、どうしても攻守のパフォーマンスというのが落ちてしまう。守備については、ファースト・ディフェンス、能動的なプレス・ディフェンス、というのは良いのだが、やはり受けになった場合には守備での効きが弱くなってしまうし、攻撃についても、やはり受けになった場合には個の力でなんとかする弱さというのが出てしまい、そこにまだ成長の余地があるかなと思う。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/04/15 11:55】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 清武と酒井宏樹もフル出場し、久々の快勝と言える試合だった。 【 ハノーファー vs メンヘングラードバッハ 】 | ホーム | ハッキリ言って、現在の日本代表がW杯でどのような戦い方をしなければならないのか、という事は決まっていると言える。>>
コメント
香川は攻撃と同時に、守備でも力を発揮できるようにはなれないのでしょうか。接触プレーに弱いというか、本田選手はテクニックを維持しながら、走力や守備力を上げた。岡崎の活躍も、攻撃力と同時に守備力があるということが鍵であるように思えます。スーパーサブというのは、状況によってしか出場できない、やはりポジション争いに敗れていると思えます。
細貝などは見た目、フィジカルがすごいという感じはしませんが、ガッツリとボールにアタックしている。香川も守備的戦術や今のトップ下の役割では接触プレーは避けられない感じなので、コースを限定するだけではなくて、意識して体の当て方・接触プレーを向上させ、守備でも貢献できる選手となるのが鍵ではないでしょうか、
【2016/04/16 08:30】 URL | tak #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3482-44acb791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |