【 本田圭佑 】 ミドルシュートから先制点を生み出す。しかし結果は逆転負け。悪い流れに陥っているチームを救えるか? 【 ヴェローナ vs ミラン 】
試合 :セリエA 第35節
開催日:2016年4月25日
結果 :ヴェローナ勝利
スコア:「2-1」
得点者:メネズ パッツィーニ(PK) シリガルディ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW メネズ バッカ
MF 本田圭佑
MF マウリ モントリーヴォ クツカ
DF デ・シーリョ ロマニョーリ サパタ アバーテ
GK ドナルマ

FW バッカ アドリアーノ
MF メネズ
MF クツカ モントリーヴォ 本田圭佑
DF アントネッリ ロマニョーリ サパタ アバーテ
GK ドナルマ


前半21分、本田のミドルシュートのこぼれ球をメネズが押し込んでミランが先制点。守備を固めるヴェローナと自分たちのミスや噛み合わなさに苦しんだいたミランだったが、このシーンではバイタルエリアがぽっかりと空き、本田がフリーになった。ただ、やはり問題は守備で、先に結果を書くと、この後にミランは逆転されてしまうのだが、前半から、GKドナルマのファインセーブとヴェローナのFWだったパッツィーニの決定力不足が無ければ、2失点ぐらいはしていてもおかしくなかった。かなり観ていてツライ試合だった。

という事で、前半はミランの1点リードで終えたが、後半27分、ハンドでPKをヴェローナに与えてしまい、そのPKをパッツィーニに決められてスコア「1-1」の同点に。そして、流れの中からもセットプレイからも本田が何回かチャンスは作ったが、それで2点目を奪えないでいると、更には、後半33分からはマウリに代えてアドリアーノを入れ、本田を「3」の右にした「4-3-1-2」もしくは「4-1-2-3」という形にしたが、後半50分、本田のハンドで与えた直接FKを決められてしまい、ミランは逆転負け。

アウェイだったとは言え、最下位ヴェローナに逆転負けというのは、かなり悲しくなる結果だった。とにかく、まずは守備から作り直して、奪って攻撃、奪って攻撃、というリズムか、または、FWに当てて、そこからのボールを中盤の4枚が良い形で受け、中盤の4枚で上手くボールポゼッションしている間にSBが上がる、という戦い方を構築するしかない。そして、「4-3-1-2」という形から、流れの中で「4-1-2-3」や中盤フラットな「4-4-2」や「4-4-1-1」に変化しながらの攻守を、という事も重要。

久々のスタメン出場、「4-3-1-2」のトップ下あるいは「3」の右としてプレイした本田のパフォーマンスについては、及第点だったと思う。右SHからトップ下になった時には、やはりボールロストの数が増えるのは仕方ないし、先制点を生んだミドルシュート、可能性を感じたプレースキック、左への良い展開のパス、バッカへの良いスルーパスが2回、などなど、良いプレイの方が多かったし、攻撃の可能性というのは、ほぼ本田から生まれていた。最後の最後に印象は悪くなってしまったが、総合的には良かったと言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/04/26 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<現状のミランの戦力と「4-3-1-2」について。 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 快勝も次戦に向けては少し不安を残す。また、より岡崎が得点を取れる攻撃の形も欲しいところ。 【 レスター vs スウォンジー 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3491-62448909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |