大迫勇也の現在地。それぞれのポジションでのプレイの仕方が1つの鍵。
【 トップ下として。 】

重要なのはバイタルエリアの内側から外側へ出る動きとバイタルエリアの外側から内側へと入る動き。コンパクトなブロックを作る守備が主流となっている現在では、FWもそうだが、トップ下の選手が、バイタルエリアに鎮座して良いプレイをしようとするのは難しくなっている。従って、バイタルエリアで良いプレイをしたい場合には、スタート・ポジションはバイタルエリアの内側に取り、そこからバイタルエリアの外側、左右のサイドであったり、中盤の下がり目の位置であったり、まずはそこへと動き、前を向いた状態であったり、動きながらの良い状態で、バイタルエリアの内側に動いてボールを受ける、または、ドリブルでバイタルエリアの内側に入る、という事をやる必要がある。それはバイタルエリアの外側で1回ボールを受けた場合でも受けなかった場合でも同じ。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
それから、トップ下のもう1つの役割としては、バイタルエリアを他の選手に使わせる、他の選手に使わせるためにバイタルエリアにスペースを作る、という事もあり、そのためにも、スタート・ポジションはバイタルエリアの内側に取り、そこからバイタルエリアの外側、左右のサイドであったり、中盤の下がり目の位置であったり、それにプラスして、相手のDFラインの裏、味方のFWを追い越して相手のCBの裏であったり、あるいは、味方のSHやSBの縦位置の相手のSBの裏や外側へ、という事は有効になってくる。もちろん、前述してきた事というのは、バイタルエリアに鎮座している状態では良いプレイができない、相手のバイタルエリアにスペースが無い、という状況の場合であり、そうではない状態にあるならば、当然、むしろ動き過ぎない方が良い場合もある。

また、最終ラインやボランチから、トップ下などの2列目を飛ばしてFWにボールを入れる攻撃が主体の場合には、やはり、あまりバイタルエリアから外側へ出ないポジショニングをしていた方が良い。むしろ、FWの近く、または、バイタルエリアの中央付近にポジショニングしておいた方が良い。なぜならば、その場合にはFWが前述してきたような役割を担うからで、あるいは、その場合のトップ下は前述してきたような動きをしなくても、前を向いた状態でプレイできるから。ちなみに、最終ラインやボランチから、FWにだけではなくトップ下にもロングボールを蹴るような場合には、FWのように最前線にポジショニングしてしまった方が良い。それで相手のDFラインを下げさせ、相手のDFとMFのラインの間にボールを落とし、味方MFにセカンドボールを拾わせる。


【 ウイングあるいはSHとして。 】

左の場合には、左サイドでの起点、というのはもちろんとして、しかし、もう1つには、SBが上がるスペースを作るためにもそうであるし、いかに上手く中央へ入るのか、いかに上手く中央でも仕事をするのか、という事も重要になってきて、その場合に参考になるのは本田のプレイであるが、基本的には、前述したトップ下のバイタルエリアの外側から内側へと入る動き、と同じだと言える。そして、右の場合には、より縦へ、というプレイをしなければならないが、個のドリブルで突破する、という事が難しい場合には、左サイドが起点となっている場合がチャンスで、または、まずは低い位置でボールを受けて自らが左サイドへと展開し、それから縦を狙う動きをすると良いと思う。活躍できないのはCFで起用されないから、という事では、やはり生き残れないのではないか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/05/07 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 今の状態のミランで本田を使わないのはナンセンス。 【 ボローニャ vs ミラン 】 | ホーム | レスターそして岡崎、優勝おめでとう。今季のレスターと岡崎についてのまとめ的な過去記事を2つ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3496-7b5552a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |