【 本田圭佑 】 その全てが掛け違えたボタンのよう。復活の芽を自ら潰すミラン。先行き不透明なミランの経営。 【 ミラン vs ローマ 】
試合 :セリエA 第38節
開催日:2016年5月14日
結果 :ローマ勝利
スコア:「3-1」
得点者:サラー エル・シャラウィ エマーソン・ドス・サントス バッカ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ミラン 】

FW バッカ バロテッリ
MF 本田圭佑
MF ベルトラッチ ロカテリ クツカ
DF ロマニョーリ メクセス アレックス デ・シーリョ
GK ドナルマ

FW バロテッリ バッカ 本田圭佑
MF ベルトラッチ ロカテリ クツカ
DF ロマニョーリ メクセス アレックス デ・シーリョ
GK ドナルマ

FW アドリアーノ バッカ
MF ボナヴェントゥーラ ロカテリ クツカ 本田圭佑
DF デ・シーリョ ロマニョーリ メクセス カラブリア
GK ドナルマ


今季のミランを象徴もしくは集約させたような最終節だった。「4-3-1-2」でスタートし、「4-3-3」を経由して、最後は「4-4-2」へと変更。前半だけで交代となったバロテッリ。とりあえず得点だけは取るが・・・のバッカ。守備に奔走する本田。イマイチなパフォーマンスのベルトラッチ。アントネッリ以外は機能しない左SB。カラブリアにも劣るかもしれないデ・シーリョのパフォーマンス。アレックスのミスから生まれた失点。新星ドナルマのパフォーマンスは光ったが3失点。

シーズンかけてやっと構築した攻守の連携を監督交代によって崩し、機能しないプレス・ディフェンス、バラバラなDFライン、噛み合わない攻撃の時のコンビネーション。そして、ボナヴェントゥーラは圧倒的な存在ではなく、メネズの姿はベンチにも無く、ボアテングの出場も無く、モントリーヴォも最後までベンチを温めた。シーズン途中で手放そうとしたアドリアーノに頼り、ほとんど出場機会が無かったメクセスを使い、初出場のロカテリが90分間プレイ。その全てが掛け違えたボタンのよう。

本田についても今季を象徴もしくは集約させたような試合だった。献身的な守備でチームを救おうとするが、やはり一人の献身性ではどうにもならず、結果は3失点での敗戦。そして、守備でパワーを大量消費させながらも、なんとか攻撃でもと頑張るが、良いサポートが得られず、良い連携が作り出せず、本田自身も、フリーでのシュートを枠外に放ってしまったり、決定的なヘディングシュートをファイン・セーブされてしまったり、という事で、どうしてもアシストや得点という結果につながらない。

復活の芽を自ら潰すミラン。先行き不透明なミランの経営。そこに残るのか、そこから出るのか。そこに残るべきか、そこから出るべきか。おそらくは、プレミア・リーグにも、ブンデス・リーガにも、リーガ・エスパニョーラにも、本田の活躍の場は存在していると思う。それから、もしかしたら、ローマでのエル・シャラウィのように、ユベントスでの本田というのは、可能性があるかもしれない。その身に付けた献身性の高い守備は、よりユベントスのようなチームでこそ活かされるような気がする。

ミランの今季は5月21日のイタリア杯決勝のみとなった。本田のパフォーマンス云々に関わらず、その試合で本田がスタメン起用されるのかどうかはわからない。ただ、「4-4-2」であれば可能性は高いと思うし、「4-3-1-2」でも、本田がトップ下でボナヴェントゥーラが「3」の左、という可能性もある。「4-3-3」の場合の可能性は半々というところか。チームとしては、モチベーション的に最悪の状態で挑む事になるであろうイタリア杯決勝のユベントス戦だが、さてどうなるか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/05/16 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<これからの香川の進化の道。好不調の安定と守備的な戦い方の中で。 | ホーム | 手倉森監督のガーナ戦後のコメントから。縦に速くとカウンターは攻撃の基本中の基本。>>
コメント
うんざりするような状況が続くミラン。。最近は試合を見るのも辛い。どこのクラブもそれなりに良いところ悪いところがあると思いますが、今のミランには良いところがあるのだろうか?ミランは良い兆しが見えるとその希望を潰してしまう。。本田選手にはもう少しマトモなクラブへ移籍して欲しいと心から願います。本田選手が理不尽なバッシングにあうなか公平に批評し続けてくれたので試合を正しく観る事が出来ました。ありがとうございました。来季も様々な試合の分析・戦評楽しみにしています。
【2016/05/16 20:46】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3501-f7c398ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |